2018年01月11日

今日は鏡開き

今年初めてのブログ。
皆様明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

我が家のベランダから撮った初日の出
DSCN9048.JPG

忙しい正月を送れて今年は昨年より好調な滑り出し。少し景気が良くなったのかな。

息子は昨年の18号台風と冬の嵐でハウスのビニールが破れたのをヒマを見ては張ってようやくできた。
頑張って二棟のハウスを作った。
DSCN9051.JPG
完成した二棟のハウス。

畑に通うのは国1を通ることがほとんどだがたまに海岸通りを通ることもある。現在防潮堤が作られているが浜に一番近い道。
通称サザンカ通り。
道路沿い両脇にずっと山茶花の植え込みがある。
そこで山茶花の花がいちばんきれいに咲いている中田島砂丘の入口に近い駐車場前の花を写真に撮った。

DSCN9053.JPG

DSCN9054.JPG

DSCN9055.JPG

先週の木曜日も予約で休んだ気がしなく、今日がお店は完全なお休み。
ということで北風吹きすさぶ中一日中長ネギの収穫。
明日から3日間忙しいのでできれば今日一気に済ませたかったが量が多くて無理だった。

スコップでネギに沿って堀り葉やネギを傷めないように抜く。
軽トラで作業場まで運んで嫁が根を切り息子がネギの皮むき機で綺麗に剥いて箱詰めして出荷。
今年の長ネギは台風でほとんど折れたので出荷は無理と覚悟していたが多くの生産者が台風でやられていたので今年だけ最下級にて出荷ができるようになってありがたい。
でも作物とはすごい復元力で全滅と思っていたが何とか出荷するまでになってくれた。
DSCN9058.JPG

今日はお鏡開きの日だが結局夜おしるこを作って皆でいただく。
お餅は自家栽培のもち米で、お汁粉も自家栽培の大納言小豆で作る。無農薬の大粒の小豆のお汁粉は気持ちも嬉しいが味も最高。ありがたいことです。
IMG_20180111_175749.jpg

IMG_20180111_184840.jpg

ということで今年もよろしくお願いいたします。

追記
息子たちは家に持って帰ったネギ軽トラ2台分を夜遅くまで箱詰めして今朝一番でY町集荷場に持っていき出荷した。
ネギは2,3本づつ緑のテープで束ね10束単位で箱詰めするけどそれが結構手間。芋でも玉ねぎでも箱詰めは大雑把な私は出番がない。それほどJAの規格に合わせるのがむつかしい。
でも今回はほとんどが最下級ばかりだから割とむつかしくなかったようだ。
いつもの年なら出荷不可になる製品だけどかなりの台風被害が出たから何とか出荷できるようにしてくれた。
ありがたいこと。
少し畑には残っているが来週終わらせるつもり。
DSCN9059.JPG
posted by 雲渓 at 20:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

良いお年をお迎えください

いよいよ紅白が始まって今年もあとわずか。
皆様来年も良いお年でありますように。

DSCN9037.JPG
しめ飾りは市販のだがしめ縄は今年も息子の手作り。

DSCN9046.JPG
床の間も鏡餅で正月準備もばっちり。

夕食を食べながら孫たちはガキの使いを今まで居間で見ていたが、紅白が始まったので私は紅白をそのまま居間で、孫たちは「ガキの使い」を見に二階へ上がって行った。息子夫婦はまだ仕事中。

毎年我が家の十大ニュースを日記をもとに書いていますがいつものことながら平凡な一年であった。十大ニュースを探すのに困るほど。

最近ブログも書いていなかったので近況報告

今年のクリスマスはコストコで買った1羽丸焼きの鶏肉と変わったサンド。
浜松に外資系のコストコができたが珍しいからでもないだろうが大変な人気。
こうやって資本の大きい外資系の大企業がどんどん進出して既存のお店が駆逐されていく危機感を感じる。
といいながら息子たちもガソリンや買い物に結構利用しているようだ

ケーキは息子が市販のアイスを何段か重ねてデコレーションしたアイスケーキ。
DSCN9030.JPG

お店は暮れというのに土日だけ宴会があるだけで結構のんびり。
畑は台風18号と先日の冬の嵐でハウスのビニールが飛ばされて毎日息子が新しく貼り直しで大変。

元パートのR子さんに頂いた変わったみかん こうじみかんと言うそう。普通のみかんと比べて小さいが結構甘い
DSCN9035.JPG

これはやはりR子さんからのフェイジョアという変わった果物
DSCN9026.JPG

一昨日キウイを剪定して切った枝が山のようにあったのにウッドチッパーで簡単に始末できた。
IMG_20171228_110438_8CS.jpg

今年は3本の木に1000個程なったと思う。私も毎日2個ずつたべてるが、多くの人にあげることができた。
剪定して無駄な枝がなくなって随分すっきりした。

最近いろいろの果物の苗を植えた。
ポポという果物を2本植えたり、ぶどうを2本、ブルーベリーを6本という具合。
ブルーベリーはY町の畑等を買ったとき12本植えたが土壌がアルカリがきつくてトレイに植え替えた。
結局4本枯れて8本になった。そして6本新たに買って14本。

12月の半ばからファーマーズマーケットに里芋と柚子、菊芋を出品。
収穫したら洗って選別をして計りながら袋に詰める。結構面倒だが年末までに無事に完売。

モッコクが咲いてきた
DSCN9038.JPG

スダチが黄色くなったので枝を切って飾った。
DSCN9042.JPG

玄関横の飾り棚が頂き物や買ったもので賑やかくなってきた。
DSCN9044.JPG

干支の戌も鎮座している。

紅白も1時間が経過してきた。
どうぞ皆様来年も良いお年をお迎えください。
除夜の鐘まであと4時間になりました。
posted by 雲渓 at 20:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

今週も美術館へ

休みは美術館に行くのが一番の楽しみ。
今週は県立美術館と静岡市美術館へKさんと行ってきた。Kさんもスズメ蜂に刺されてから体調を崩していたがだいぶ回復したようだ。よかったよかった。

空は晴れ上がって富士山も綺麗にそびえている。浜松からも最近はよく見えるがやっぱり静岡まで来ると大きくて立派。家康も静岡に住みたかったわけだ。立派な富士山が見えるだけでも行った甲斐がある。

まず昼ごはんを食べて静岡県立美術館へ。今は企画展はなく県内の学生(高校大学生)の作品展を開催中。浜松の高校で江ノ島高校の生徒の作品も展示されていた。学生さんも本格的に美術を学んでいるようで見所があった。
IMG_20171214_134448.jpg

IMG_20171214_134259.jpg

IMG_20171214_133928.jpg

先々週のNHK日曜美術館でロダン談義ということでロダンの作品を詳しい学芸員やロダンが好きという方たちのトークを作品について論じていた。

静岡県立美術館ではいつ来てもロダンの作品を観ることができる。何度も来ているからわざわざロダンを観ることがなかなか無いが日美で考えさせられた。

直虎展に行きたかったが2週間ほど風邪をひいて行けなかったのが残念だった。そんなことなら会期は長かったから早めに行けばよかった。でも浜松で直虎についてはいろいろ行って観ていたからまあいっか。
12/10までなら美しき庭園画が開催されていたが終わったばかりで残念だった。

次は静岡市美術館へ行った。
「ターナからモネへ」展を開催中。イギリスのウエールズ国立美術館所蔵展。
ターナもモネもパリのオルセー美術館やオランジュリー美術館で観てるし日本の美術館で何度も観ているがさてどうかなと思いつ行った。知らない作家の作品も多く大変良かった。
やっぱり美術鑑賞は心が落ち着く。

海外では私の知っている美術館はどこでも写真撮影OKだが日本の美術館はまず撮影禁止。
たまにはOKにも出会うが私は図録を買わないと記憶から飛んでいくから私のようなもののために写真はダメよ、図録を買ってねとまんまとはまってしまう。でも今回は買わなかったからポスターをどうぞ。

DSC06998.JPG

農業日誌
私の場合は最近は畑もすることがなく畑の更新は無いが、息子は新たなハウスのビニールを貼ったり台風で飛ばされたビニールを張っている。

私は今年初めてファーマーズマーケットに今朝里芋を20袋出荷した。去年より10日ほど早く出品。果たして売れるかな。

近況でした
posted by 雲渓 at 14:51| Comment(0) | 美術館へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする