2018年02月08日

秋野不矩美術館と資生堂アートハウスへ

今日は(2/08)息子が急遽休んでもいいというので秋野不矩美術館と資生堂アートハウスへ行ってきた。
秋野不矩美術館は創画会70周年記念企画展の前期が開催中なので行ってきた。前期は2/18まで。

日本画界の三大美術会派、院展、日展、創画会。
そうそうたる顔ぶれで秋野不矩さんも会員だから良く秋野不矩美術館では開催されているのだが、70年の歴史の日本画が拝見できるのでぜひ行きたいと思っていた。

DSCN9150.JPG
創画会70周年記念企画展のパンフ

日本画にしては斬新な作品や前衛的な作品など私のような素人が見ても理解できないものもあるが馴染みの深い画家の作品も数たくさん出展されてて見所がいっぱいだった。
写真には多分撮れないと思ってまたまた図録を購入。何十冊もの図録が我が家に溜まっているのに、過去の図録が500円で売られていたので前回のように買ってしまった。今日は三冊購入。ひょっとしてダブっているのもあるかもしれない。
DSCN9144.JPG
さすがに新進気鋭の作家集団が70年前に立ち上げただけあってシンプルな表紙の図録。

山本丘人と上村松篁の図録。あまりに有名なふたりだからY町の家の書架を調べたら存在しているかも。明日調べてみよう。
何しろ二年前だったか我が家の居間に地震が来たら確実に危ないぐらい本棚が密集していたのでY町に引越ししてある。
DSCN9142.JPG

食事をして掛川の資生堂アートハウスへ直行。
DSCN9149.JPG
資生堂アートハウス名品展のパンフ

梅原龍三郎
DSCN9132.JPG

小磯良平
DSCN9134.JPG

DSCN9135.JPG

岡鹿之助
DSCN9138.JPG

DSCN9137.JPG

など有名画家から私の知らない画家までいろいろ目の保養になった。
DSCN9141.JPG

DSCN9139.JPG

そのあと陶芸の作品を鑑賞。
知っている陶芸家の作品何人かいたがほとんど知らない作家ばかりだがいずれも素晴らしい作品ばかり。今泉今右衛門など人間国宝の作品も何人かあった。

Y町に行って洗濯機を自動でかけてる間、トビオでお風呂に入ってY町に戻って洗濯を干して夕御飯を食べてブログを書いているところ。
明日は先日12月に健康診断した時に、大腸がんの再検査が必要ということで9時までに行かなくてはいけないのでおとなしく寝ることにしよう。
私としては内蔵は全く健康そのものと思っているがこれを機会に大腸内視鏡カメラでしっかり調べていただいたらありがたい。もし大腸がんだと調べてもらって発見されればやって良かったと思えるし、そうでなければ安心だしそれはとても大事なことだと思う。もうこの歳で何があっても驚かないしそれで天国に行ったら家内に会えるし全然怖くない。

農業日誌

1/31はファーマーズマーケットで出品する研修が行われて私が出席した。
満席になるほど出品者(生産者)が聴講に来ていた。
私も野菜のつくり方や出荷する時期、生産する時期などが勉強になった。

節分が過ぎて暦の上では春だが毎日寒いこと。
DSCN9120.JPG
息子がまいて孫や嫁、私が拾い役。私がゲットした豆とお菓子

朝は零下で玉ねぎのマルチが凍りついて収穫不可。
北陸は猛烈な積雪で例年の7倍だとか。車が1000台以上が立ち往生して流通もストップ。大変なことだ。
30時間以上雪にうもれた状態とは尋常でない。

今年は例年になく寒さが厳しくて玉ねぎの生育が悪く大きくならない。昨年までなら大きくなりすぎて収穫が忙しくて毎日毎日追われてたけど今年はゆっくりしている。それでも火曜日水曜日と収穫して息子夫婦が出荷作業私が畑で大きそうなのを拾いコギ。
夜息子たちはしゅうかくした玉ねぎの根と葉を切ってあくる日すこし干して出荷。

DSCN9131.JPG
夜のうちに根や葉を切る処置。こんなにたくさんでも2時間もかからないから早いものだ。

息子は3棟目のハウスの組立に余念がない。
3棟目はビニールでなく寒冷紗で覆う。
なにしろカラスやハトなどの害鳥、チョウチョ、蛾、コガネムシや夜盗虫が作物を荒らすので寒冷紗で防御。上手く防御できれば嬉しいが。
DSCN9127.JPG

西のハウスではアスパラガスやナイススティックブロッコリー、サラダ菜などが収穫できてありがたい。やはりビニールハウスは暖かいのでいろいろできる。
私はナスとキュウリの種をプランターに蒔いた。


追記
一昨日あさひTVの「たけしの家庭の医学」の中で頻尿をやっていた。夜中に小便で一度でも起きれば頻尿だって。起きてる時間は8回以上小便をすれば頻尿らしい。私は昼は大丈夫だけど夜中には必ず一度は起きる。
それを治すには足のくるぶしの上を指を4本置いたところの骨のハズレを1分ほど押す。それを一日三回するだけで治ると言っていたから昨日実行。そしたらなんと!!9時頃寝たのに朝5時半まで1度も起きずにぐっすり眠れた。こんなことは年に数回ほどしかなかったからビッくらポン。これから続けて実行せねばと思った。

今朝病院に行ってきて大腸がんの内視鏡検査の予約をしてきた。ちょっと知ってる病院では恥ずかしいので初めて行く病院を紹介してもらって3月に行くことになった。結構準備が大変。ひょっとして入院の準備とか前日の食事や当日の心得などいろいろ聞いて帰ってきた。

話は変わるがNY株が今朝も大きく下がって日経もそれに釣られて大幅下落。NYはこれまでずっとバブルじゃないかというまで上がり続けていたが、ここのところ乱高下を繰り返して危ない場面。日本もアベノミクスとか言っておきながらちっとも暮らしは楽にならないと多くの人達の話を新聞紙上やTVのニュースで聞く。いったいこの先どうなっていくのか心配だ。
posted by 雲渓 at 19:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

皆既月食と伊勢参り

今日は(2/01木)伊勢参りに行ってきた。今回はKさんも一緒。昨年はいろいろ災難があったから今年は積極的でびっくりした。結構なことです。Kさんは二度目の初詣。

真っ暗な6時15分頃出発。天気が気になって雪が降るだとか降らないとか。南岸低気圧の予想がむつかしいようだがKさんの意気込みで決行した。

早めに出たから伊良湖フェリー乗り場は余裕で到着。今日は穏やかと思ったが伊良湖の先端は風が強くて寒かった。私が巻いた鉄火巻を朝ごはんとして乗り場のロビーで一緒に食べる。

すぐ時間が来て乗り込む。フェリーは揺れることもなく無事に鳥羽港へ到着。一日バス乗り放題1000円のきっぷを買って内宮行きのキャンバスに乗り込む。

内宮に着いて外宮行きに乗り換える。まず外宮からお参り。
今日はわりかし空いている。2月に入ったからかな。
DSCN9099.JPG

DSCN9100.JPG

DSCN9101.JPG

DSCN9102.JPG

DSCN9104.JPG

DSCN9105.JPG  
古いお札をまずお返しして手を清め正宮にお参り
そのあと関連したお宮をいつものように順番にお参り。新しいお札を購入

バスに乗って内宮へ。内宮はすごい人
DSCN9107.JPG

DSCN9108.JPG

宇治橋の上手に木の杭が立っているがそれは洪水で溢れた流木を橋にあたるまで食い止める杭だそうだ。
DSCN9109.JPG

ここも古いお札を収めて手を清めてお参り。
今回は先日伊勢神宮を特集でやっていたのでそれに倣って五十鈴川へ
DSCN9110.JPG

TVでは五十鈴川から瀧祭神(たき祭りのかみ)にお参り
天照大御神にお取り次ぎする神とか。
ここはお社がない。どうしてか聞いたがもう忘れたけどなにかいわれがあるらしい。
DSCN9111.JPG

次は静かな森を進んで五十鈴川御橋を渡り風日祈宮(かざひのみのみや)へ
風日祈宮は、雨風を司る神、級長津彦命と級長戸辺命が祀られています。
この神様は、雨風の災害を避け、五穀豊穣を願うために祀られている神様です。
DSCN9112.JPG

風日祈宮へは初めてお参り
DSCN9114.JPG

そして正宮へ
DSCN9115.JPG

最後に荒祭宮(あらまつりのみや)にお参り。
内宮の御正宮では通常、個人的なお願い事をする場所ではないと言われてる。
ただただ、感謝をするのみ。
個人的なお願い事をするのは、絶対に参拝しておきたい場所の2つ目、御正宮の次に高い格式があるとされている荒祭宮あらまつりのみだそうです。

お札を買いおかげ横丁へ
Kさんがエビのフライか天ぷらが食べたいというからぶらぶら歩いてお店へ。私は伊勢うどん、Kさんは天ぷらうどん。美味しかった。
そして練り物を食べ歩いて赤福でデザートにぜんざいを頂く。ここも美味しかった。
ぶらぶらしてバス停へ。
鳥羽まで行きフェリーに乗って無事に帰宅。
お参りしているときは雨に降られなかったがバスに乗ってフェリーに乗る頃は本格的な雨になった。セーフ。

昨日(1/31)は全国的に皆既月食。おまけに「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」という希なもの。
欠け始めた頃から三脚にカメラを備え付け撮る。

天気が心配だったがきれいに晴れてくれて絶好の天体観察日より
DSC06999.JPG

DSC07002.JPG

DSC07004.JPG

DSC07005.JPG

DSC07006.JPG

DSC07007.JPG

赤くはなったがそれほど綺麗に見えなかった。
一応頑張って撮る
DSC07014.JPG

DSC07015.JPG

DSC07020.JPG

DSC07017.JPG

DSC07024.JPG

DSC07022.JPG


今年は寒波が厳しく玉ねぎの成長が思わしくない。
白菜やキャベツ、大根、人参などの野菜も高騰して主婦を悩ましているらしいが玉ねぎも例外ではない。
1月22日に1番早く植えた東の畑を初収穫
根と葉を切って息子たちは二日後に初出荷
DSCN9083.JPG

当店の前の紅梅が2分咲きになった。寒くても花が開いてくれるとは嬉しい。
ロウバイはそろそろ終わりに近い
DSCN9092.JPG

DSCN9091.JPG

DSCN9095.JPG

DSCN9098.JPG

DSCN9096.JPG
posted by 雲渓 at 20:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

静岡県立美術館とクリエート浜松へ

昨日は(1/18木)Kさんと静岡県立美術館へ行ってきた。
「アートのなぞなぞ・高橋コレクション」展が始まった。
有名画家の作品から現代アートなど多彩だった。
撮影禁止なのでパンフのポスターを並べて家で写真に撮る。
DSCN9077.JPG

感動する作品も多かったがむつかしくて理解に苦しむ作品がほとんど。時々学芸員に質問してみるがわからない。だから観終わって図録を買って家で見直した。これからよく読んで勉強するつもり。

次は静岡富士山世界遺産センターへ行こうと思ったが昼ごろまでは綺麗に見えていた富士山も雲に隠れたから又いつか行くことにして帰宅

今日は(1/19金)日本画家の竹内雅明さんが主催するスーパーデッサン絵心展を観てきた。

「クリエートの冬祭り  スーパーデッサン絵心」
 1月19日(金)〜21日(日)
 時間:午前10時〜午後4時
 場所:クリエート浜松3階 ギャラリー31

会期は今日を入れて3日しかないから忘れずに行こうと思っていたので出かけた。竹内さんがいるかなと思ったが佐久間から出てくるのも大変だろうから居なかった。
とてもレベルの高い作品ばかりで感心した。
写真に撮った
竹内さんの作品
DSCN9073.JPG
やっぱりすばらしい。

生徒さんの作品からお気に入りを掲載
DSCN9075.JPG

DSCN9074.JPG

DSCN9072.JPG

DSCN9071.JPG

DSCN9070.JPG

帰りにギャラリー紫苑で恒例の浜松で活躍している画家たちの作品展があるので寄った。いつもは我が家に案内状を10枚ぐらい置いていくのに今回は珍しく置かなかったので知らなかったら中日新聞に載ったのであれまあと思い寄った。
DSCN9079.JPG
手前の女性が中村田鶴さん

オーナーの中村田鶴さんは「毎回気を遣わせるので遠慮して案内をしなかった」といって弁明していた。
小品ばかりだがお気に入りも多かった。どれも展示即売をしているが買わなかった。

農業日誌
長ネギの出荷も一段落。こんな感じで3回ほど出荷したようだ。200箱ほどかな
DSCN9059.JPG

DSCN9065.JPG

いよいよ来週から玉ねぎの収穫が始まる。
一番最初に植えた東の畑はかなり大きくなっている。
Lから2Lが随分あるようだ。
もりもりに盛り上がった玉ねぎ
DSCN9068.JPG

DSCN9069.JPG

ハウスのアスパラガスが剥がれたビニールを貼ったら暖かいので春になったと思ってニョキニョキ出てきた。まだ昨年の枯れた茎を始末してないうちに面白いものだ。
6本程収穫して早速茹でて食べた。
DSCN9066.JPG

DSCN9067.JPG
posted by 雲渓 at 16:39| Comment(0) | 美術館と農業日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする