2017年06月02日

秋野不矩美術館と日本画家竹内さんのお母さんのお見舞い

昨日は(6/01木)秋野不矩美術館に行ってきた。京都を拠点に活躍する日本画家100名を選出し、日本画「こころの京都百選」展が開催されている。今は後期展。

行かなければと思いつつ前期は見逃してしまった。後期展も会期は残りわずかになってしまった。
現代を代表する京都の日本画家ばかりでほとんどが私の知らない画家ばかりだった。でも新鮮で感動する素晴らしい作品ばかりだった。

撮影はできないので図録を買った。その中から私のお気に入りを少し紹介。
DSCN5908.JPG西野陽一 「緋の花」細川ガラシャを描いている

DSCN5905.JPG猪熊佳子 「森の王」 京都府最大のブナ

DSCN5906.JPG澤野慎平 「雪の塔」

DSCN5907.JPG池内璋美 「美山」

DSCN5911.JPG藤井範子 「舞う」

DSCN5912.JPG川島睦郎 「彩り」(東福寺)

DSCN5910.JPG大沼憲昭 「誘いの刻」宇治川鵜飼

などなど。もう4,5点お気に入りがあったがとりあえず。

そして3時に竹内さんの奥さんが佐久間のお宅まで案内してくれるというので細江の自宅に伺う。
細江からだと三遠南信道路を通って東栄町から佐久間に行くのだがR152で今まで行っていたのが随分早く行けるようになってびっくりした。信州へ行くときに2度ほど通ったことがあるが、まさか佐久間もこの道で行くとは。

お母さんは84歳でデイサービスに週4日通っているらしい。
4時過ぎに帰ってこられてご挨拶したがとても若々しくてお元気そうで安心した。
それでも竹内さんが居ないと困るので竹内さんだけずっと佐久間暮しをしている。親が高齢になるとどなたも大変だけれど親孝行は尽くさないとね。

家内が具合が悪い時に何度かお見舞いに来てくれて本当にお世話になった。
お母さんが具合が悪いと伺っていてもなかなかお見舞いに行けなくて申し訳なかった。

シャリと寿司ネタをお持ちしてその場でにぎって召し上がっていただいた。私も入れて4人分。
喜んでいただいたようでうれしい。

竹内さんはお母さんがデイサービスに行っている間静かに絵を描いているようだった。
環境の良い落ち着いた雰囲気で絵を描かれるから素晴らしい作品が生まれることと思う。私がお願いしている作品も順番が来たら取り掛かってもらえそうだ。

お土産にお母さんの手作りの椅子と鍋敷きを頂いた。
若い時はレース編みや編み物の先がけで先生に教える先生だったらしい。
お部屋には手作りのいろいろの作品があってお母さんの輝かしい歴史と言える。
お母さんありがとうございます。
何年か前訪問した時に珍しい美味しい料理を作っていただいて感激したがまた訪れたら銀杏ご飯などを作ってくれると約束してくれた。どうぞお元気で。

帰りはいなさICで奥さんは下りていかれて私は新東名の浜北ICまで行き天竜川沿いに帰ってきた。R152でくねくね道を帰るより少し遠回りかもしれないが断然早く到着できる。
またこの道を通って行きたいと思った。


二種類のウツギ
DSCN5899.JPG

DSCN5894.JPG

DSCN5900.JPG
ハナビシソウ.JPG

DSCN5903.JPG

5/31に梅を収穫した。一本の木でこれだけ収穫できた。
他にも7本あるけど今年はほとんど全滅だった。葉が病気で全部チリチリになっている。
一切消毒をしていないのでそんなになったら手遅れ。気がついたときに背に腹は変えられないので消毒も必要かも。
DSCN5570.JPG

昨日は息子夫婦が白ネギを植えた。種から育ててやっと定植。冬の出荷まで順調に育ってほしい。
DSCN5913.JPG

里芋もだいぶ大きくなった。
DSCN5915.JPG

落花生もそれらしくなってきた。
今までなかなか満足な落花生が出来なかったけど、今年は今までの失敗がだいぶ勉強になったので多分大丈夫と思う。
DSCN5916.JPG

山芋もツルがだいぶ伸びてきた。
DSCN5917.JPG

夜中に強風が吹いたらしくて金時豆に掛けてある寒冷紗が剥がれていたので中の雑草を取ってまた掛けた。
posted by 雲渓 at 11:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

豊田市美術館にての東山魁夷展と安城市デンパークへ

今日は(5/25木)豊田市美術館にての東山魁夷展と安城市デンパークへKさんと行った。

私は東山魁夷は全集を全て揃えていてリトグラフの「冬華」も10年ほど前購入しているほど好きな日本画家だが
この度豊田市美術館にて唐招提寺の障壁画展を開催しているというのでぜひ生で鑑賞したいと思っていた。会期も6/11と残り少なくなって来たのでKさんを誘って見に行った。

駐車場に10時半頃着いてみたが早々と車で埋め尽くされ空きを探すのがやっとでなんとか正規の駐車場ではない邪魔にならないところに止めたのだった。

DSCN5830.JPG

会場に入っても人人人でもう大変。前にもなかなか進めない。まあ時間もたっぷりあるのだからとのんびり構えてゆっくりじっくり鑑賞することができた。
平日でこれだから週末や会期末だとどうなることやら

全集で見てはいるが実物は心が洗われるようだ。モノトーンのケバくなく落ち着いた雄大な景色に圧倒されながら、できるならば周りに誰もいない状態でゆっくり鑑賞できればとの思いで拝見した。

浜松からではそう遠くないが来た甲斐があったというものだ。豊田市美術館は昨年6/23にも来てデトロイト美術館展「大西洋を渡ったヨーロッパの名画たち」を見て感動したばかり。さすが天下の豊田市だなあとまたまた感激した。
その時のブログ
http://hyakumeizan2345.seesaa.net/article/439323608.html

写真に撮れないので豊田市美術館のHPからどうぞ。
http://www.museum.toyota.aichi.jp/exhibition/2017/special/higashiyama.html

次は安城市のデンパークへ行った。
JR東海道線の安城駅の看板を見るたびになんだろうと思っていたがHPで調べたら結構面白そうなので行くことにした。
http://www.denpark.jp/flower_point/index.html

安城市は小中学校の社会科の勉強でデンマークのような牧畜が盛んというのは知っていたがそれをテーマパークにして観光客を呼んでいるのだった。


正面玄関から入ったところ
DSCN5835.JPG

何やら結婚式の前撮りだろうか撮影していた。

DSCN5836.JPG

DSCN5838.JPG花に囲まれて新郎新婦は幸せそう

とりあえず二人共お腹が空いたので牧場レストランへ。バイキング方式の食事。私は苦手だが牧場らしい食事が食べられるのではないかと思い入った。

昨日のNHK「ガッテン」でお肉を摂りなさいと盛んに言っていたのでちょうど良い。
私はついつい食べ過ぎて満腹状態。苦し〜〜い。見ると食べたくなるからどうもバイキングは苦手。
でもどれも美味しくて満足満足

DSCN5839.JPG

食事をすまして広い園内を散策
薔薇が雨に濡れてとても綺麗
DSCN5843.JPG

DSCN5842.JPG

DSCN5844.JPG

DSCN5845.JPG

DSCN5863.JPG

DSCN5868.JPG

DSCN5867.JPG

DSCN5871.JPG

DSCN5869.JPG

DSCN5870.JPG

子供の遊ぶ広場もある
風車

DSCN5878.JPG

猫のダヤン展へ
猫のダヤンてなんだか聞いたことがあるけど詳しくは知らない
Kさんは猫のダヤンのデザインの高級財布を持っていたのでびっくりした。
DSCN5883.jpg写真を撮ってもらう

お土産屋に入って退場
今日もよく遊んだ一日だった。

農業日誌

5/18 里芋と落花生が芽が出揃う
DSCN5793.JPG

5/21 ハウス内の夏野菜 なす、きゅうり、トマト、アスパラ
マンゴウは高い苗だったが寒さにやられて全滅。ハウスでもボイラーなどで暖房しないといけないらしい。

DSCN5801.JPGアスパラ

DSCN5803.JPG
1本6000円で息子が買って6本が全滅したマンゴウ

なす、きゅうり、とまと
DSCN5802.JPG

DSCN5804.JPG
なすとトマトは冬越し
挿し木でいくらでも増える

池に清楚な睡蓮が今年も咲いた。これからどんどん咲いてくれることだろう
アヤメも終わってしまった
DSCN5805.JPG

DSCN5806.JPG

DSCN5807.JPG

ウツギが咲きだした
DSCN5810.JPG

先日東京上野の不忍池を巡ったと書いたがその時に拾った蓮の種をペットボトルに入れていたら4個ほど芽が出てくれた。
DSCN5815.JPG

中日新聞に田部井淳子さんの家族がゆかりの山に供養登山をしたと記事が載っていた

DSCN5811.JPG

5/22
再来年用の玉ねぎの種を干しているところ
DSCN5816.JPG

DSCN5817.JPG

キウイがたくさん花が咲いた
摘果が忙しくなりそう
DSCN5821.JPG

DSCN5824.JPG

5/24
三角の100坪の田んぼをレンコン畑に半分をしたけど隣の藪から雑草が侵入してきて今年は断念
DSCN5825.JPG

DSCN5826.JPG

広い田、4反は稲もだいぶ成長してきた
DSCN5828.JPG

DSCN5827.JPG

大玉スイカを今年初めて2個交配する

種から植えた花の苗を花壇に移植

葉が枯れてしまったじゃがいもを収穫。野盗虫が必ずいる
今年は小粒でとても人に見せるのも恥ずかしい

金時豆、オクラ、枝豆、インゲン、とうもろこしが芽が出てきた
今年は慣れてきたせいか今はムキになるほどあまりすることもない


posted by 雲渓 at 19:13| Comment(0) | 農業日誌と美術館、観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

富士吉田うどんを訪ねて

今日は(5/18木)Kさんと山梨へ行ってきた。
今朝NHKの「あさいち」で富士吉田などが放送されて富士山周辺の見所をやっていた。以前にもNHK「おはよう日本」で観光スポットを紹介。その時に見た富士吉田うどんが美味しそうだったので訪ねることにした。

まず富士市のバラ園へ。中央公園イベント広場で「富士ばらまつり」が開催中
ここは以前にもKさんと来たことがあるが品種が多くなかなか人気で何より無料なのが嬉しい。大勢私たち世代の人が来ていた。
DSC05217.JPG

DSC05218.JPG

DSCN5773.JPG

DSCN5774.JPG

DSC05209.JPG

DSC05211.JPG

DSC05205.JPG

DSC05208.JPG

DSC05206.JPG

DSC05212.JPG

DSC05213.JPG

DSC05207.JPG

DSC05223.JPG

DSC05225.JPG

DSC05224.JPG

DSC05214.JPG

DSC05215.JPG

DSC05227.JPG

DSC05226.JPG

DSC05229.JPG

そして富士吉田へ
途中以前も来た芝桜の公園の前を通ったが富士山も今日は雲に隠れているから入るのをやめた。でも観光客が大型バスで続々来ていた。

時間的にお昼どきだったので富士吉田うどん店を探すがたまたま富士吉田の街の入口へ左折したらあったので入る。満席ぐらいだった。
おすすめを聞いて「富士登山」を注文。硬めでコシがある独特のうどんでさぬきうどんとは違う食感で美味しかった。野菜やお肉、天ぷらも入って600円。ボリュームたっぷりでお値打ちで美味しかった。

DSCN5777.JPG

山梨県立ひばりが丘高校の『うどん部』が富士吉田うどんをPRしてるそうだ。
吉田のうどんの魅力を広めたいと、5年前(2012年)に、うどん好きの生徒たちが始めた。
現在、部員は5人。吉田のうどんを多くの人に知ってもらうための活動をしている。

山梨県富士吉田市は、知る人ぞ知るうどんの町。
市内を中心に、この地域に100軒以上のうどん店が並んでいる。
昭和初期、地域の繊維業が急速に発展する中で、忙しく働く人が手軽に食べられる食事として広まった。

今日は雨が降ったり止んだり。次はどこへ行こうかと思ったが結局以前にも行った「花の都公園」へ。
二人共お花を見るのが好きなので気が合う。
でも雷が鳴って急に雨足が強くなって来て、「花の都公園」駐車場に車を入れてお土産屋で雨間を見たら止んだので行くが今回はチューリップだけであまり花は少なかった。
那須フラワーワールドを見ているから拍子抜け。
DSCN5779.JPG

DSCN5782.JPG

DSCN5781.JPG

でもここから見るだけなら無料だから文句を言ってはバチが当たる。

帰りに「NHKあさいち」で紹介していた「ほぐし織り」などの織物協同組合の店があったので寄ってみる。
浜松工業高校の繊維機械を出て卒業後は繊維関係の道に入っていた私は織物にも興味がある。
独特の織り方で見方によっては色合いや模様が変わる不思議な織物。
3100円で布を少し買った。
DSCN5783.JPG

DSCN5785.JPG

DSCN5784.JPG

そしてKさんが好きなショッピングをいろいろ寄り道しながら楽しんで帰宅した。Kさんの家で高級国産肉のステーキをして食べた。これといった観光もしていないが満足な一日だった。

天気が良くて富士山が見えれば、外国人に超人気の五重塔(忠霊塔)と富士山が見える絶景ポイントなども行っても良かったが来年桜が咲いた時に行くことにした。

農業日誌ほか

5/12 近くでカラスがギャアギャア鳴くので何事かと思ったら我が家の畑でヨチヨチ歩きの子カラスだった。親が電柱から心配そうに見ている
畑から道路へ出てきた子カラス。
DSCN5748.JPG

電柱の上から心配そうに見ている
DSCN5745.JPG

電柱のそばに来てそのうち蔦を伝って上がっていったようだ。
日ごろ悪戯ばかりしているカラスだがなんだか頑張れと応援してしまった。
DSCN5749.JPG

利休梅
DSCN5750.JPG

柚、すだち、レモンと花がたくさん付いてきた

DSCN5751.JPG

DSCN5757.JPGワラビもだいぶ茂ってきた

DSCN5755.JPG

DSCN5753.JPG

DSCN5754.JPG

池の周りのアヤメがたくさん咲いた
DSCN5759.JPG

DSCN5760.JPG

DSCN5766.JPG

シャクヤクも開いてきた
DSCN5772.JPG

5/14  かぼちゃ、とうもろこし、枝豆、モロッコインゲン、オクラを定植
      芋の苗を芝けい畑と西の畑に植え付け完了。3000本は植えたと思う
      ハウスの芋の苗場のあとにアスパラ移植

5/15 ズッキーニ定植。
    息子たちは赤玉ねぎの出荷作業
    落花生芽が出てくる。鳥よけネットをする
    里芋ほぼ芽が出揃う

posted by 雲渓 at 00:05| Comment(0) | 農業日誌と観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする