2018年03月08日

大腸がん内視鏡での再検査と静岡安倍川堤防沿いの河津桜見物

今日(3/08木)は朝から雨だから玉ねぎの収穫はお休み。ということでKさんと静岡市安倍川堤防沿いの河津桜見物に行ってきた。

その前に。昨日は(3/07水)昨年末に定期検診した結果が便に潜血が見られるから大腸がん内視鏡での再検査をして下さいとのことで予約していた日がやってきたので行ってきた。

すずかけセントラル病院なら初めてだから知ってる看護婦さんもいないのでということで予約した。この病院は以前は街中にあった社会保険病院だったようで昔糖尿病で通院していた病院。そして倒産したので仕方なく近くのクリニックに通うことになった経緯がある。
社会保険病院が復帰していたとはずっと知らなかったわけだがY町の畑に行く途中でたまに県道掛舞線を通る時に見える病院。普段はR1を通るので知らなかったわけだ。すごく綺麗で立派な病院。午前中は大きな院内に患者さんがいっぱい。

当日食事は一切してはいけなくて準備が整ったら2Lの下剤を15分置きに14回飲んで催してきたらトイレに駆け込み看護婦さんに見せて確認してもらう。私の場合は睡眠前に呑まなければいけなかった錠剤をうっかり飲み忘れたためになかなか催してこなくて8回トイレで出してようやく色のつかない便になってOKが出たときは6時間以上かかってしまった。お尻は拭きすぎてヒリヒリ。普段30年間ウォシュレットばかり使っているとお尻の皮が柔らかくなってヒリヒリになってしまった。もちろん病院もウォシュレットのトイレだが使うと出た便が薄くなるので使えない。私にとっては大変な難行苦行だったようだ。

無事にOKが出たときは今日の検査に私と二人だったがもう一人は早くに終わって2時に内視鏡が始まりとっくに帰って行った。
お昼過ぎたら外来の診察も無いようで誰もいなくなった。OKといっても実は看護婦さんにお尻を出して浣腸をしてもらってようやくのこと。あ〜〜あ。恥ずかしいったらありゃあしない。一生の不覚

そして内視鏡を先生にしてもらって二人の看護婦さんが見守る中始まる。でも緊張したがお尻は看護婦さんにほとんど見られないうちに内視鏡は差し込まれお腹の中をグリグリ入っていくのがよくわかる。別に痛くはないが変な感じ。モニターを私も見るのだが腸内は随分綺麗に見える。盲腸まで行って引きながらまたよく調べながら終わった。先生に説明を受けるが全く綺麗で異常なしということ。やれやれ良かった良かった。

そして会計を済ませて帰宅。長い一日だった。

今日はTVで静岡市安倍川堤防沿いの河津桜がきれいだったので行くことにした。
150本ほどの桜が見事に咲いて伊豆の河津とは規模が随分違うがそんな遠いところに行かなくても見ることができた。
最近は河津桜があちらこちらで植えられていてそんなに珍しくなくなってきた。4年ほど前Mさんたち5人と行って良さは知っているけど150本ながら楽しめた。
雨が少し降っているぐらいでレンズが濡れないようにKさんに傘をさしてもらって写真撮影をしながら歩いた。
DSCN9251.JPG

DSCN9253.JPG

DSC07068.JPG

DSC07069.JPG

雨に濡れた花も魅力的
DSC07071.JPG

DSC07074.JPG

DSC07076 (1).JPG

帰りに寿司屋でありながらお寿司屋で食事
前菜がついていたりデザート味噌汁とメインのお寿司。このランチで1500円。なかなかお値打ち。
ネタも小ぶりだけどなかなか良かった。
でもシャリは硬いし角がある感じ。もう少しふっくら感が欲しい。酢の味も薄くて美味しさは我が家の方が断然美味しいと思う。
そもそも寿司というものはシャリとネタを口に入れて良くかんで口の中でじっくり混ぜ合わせて味合うのが本来の食べ方。
昔寿司は「なれ鮨」といってじっくり発酵させて作ったもの。それを速成で食べられるようにしたのが江戸前の握り寿司。でも江戸前といってもやっぱり口の中で味わっていただくのが本来の食べ方。そうすることによって旨みが味わえるというもの。
最近はネタの事ばかり主役に言っているがシャリがネタにしっくりマッチして味わうのが本来の食べ方。
などと言うと笑われるが50年この道でやってきてあちらこちら食べ比べも随分してきたし修行も10軒程の寿司屋でやってきてこれだと思う味を豊橋の蛇の目鮨で出会って私もその味を受け継いでいるから自信はある。
12月に店に関するある事故があって家内に悲しい思いをさせながら、2年間の闘病の末3月に家内が亡くなり、私の気力が当時より失せてしまったのが我が家の今の現実。でもお陰さまで息子夫婦の頑張りで宴会はまあまあ順調。
DSCN9259.JPG

DSCN9263.JPG

今日はホワイトデーには早いが14日は天気が良さそうなので会えないから先日のバレンタインデーのお返しもした。



農業日誌
豊後梅など花咲かり
DSCN9245.JPG

新玉ねぎも最近は暖かくて雨も降るから一気に大きくなってL級がたくさん収穫できるようになった。

私がほとんど収穫。息子と嫁が出荷作業。今年は寒くて生育が悪いので値段がいつまでも高いのでこれからは収穫が楽しみ。とは言っても3月はお店も忙しいのでなかなか大変だ。
頑張るしかない。

息子が一生懸命組み立てて、小さいハウスが2棟と大きいハウスが3棟になった。
写真のこのハウスはビニールではなくネットの寒冷紗のハウス。
蝶や害虫、カラスや鳩などの害鳥から守るため。お店で提供したり自家消費する野菜は農薬を使いたくないから息子が作ってくれた。
DSCN9236.JPG

北の畑の西側にある2棟のハウス内の野菜等

家の周りにも50本以上のタラの芽があるが、ハウス内は暖かいので目がだいぶ出てきた。
DSCN9273.JPG

DSCN9267.JPG

DSCN9264.JPG

アスパラガスも旺盛
DSCN9270.JPG

DSCN9269.JPG

いろいろ野菜を植えたところ
DSCN9265.JPG

DSCN9272.JPG

きゅうりとナスの苗。
芽が出てそれを息子がポットに植え替えた
DSCN9271.JPG

明日は里芋を植えたい。
posted by 雲渓 at 20:14| Comment(0) | 農業日誌と観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

秋野不矩美術館と豊岡梅園

今日も(2/22木)玉ねぎの収穫が月曜から水曜日まで東の畑、北の畑、西の畑、しばけい畑と順にL級の玉ねぎを収穫してもう手頃なのはないのでお休み。ということで今週もKさんと豊岡梅園と秋野不矩美術館 創画展の後期展へ行ってきた。

まず豊岡梅園から。何度か行ってはいるけど広い園内に実を取る梅の花が丘を囲んでたくさん植えられている。
少し早いかなと思って行ってみたけどやはり早かったようだ。でもいよいよ春の訪れと思える程の陽気に誘われて園内を散歩。紅梅系は我が家もそうだけど綺麗に咲きそろっている。でも白梅は咲いてたりムラがある。
DSC07027.JPG


DSC07029.JPG

DSC07031.JPG

坂道を歩いたりするのがいい運動になる。

梅の写真の数々
DSC07037.JPG

DSC07046.JPG

幼稚園児の嬌声が辺りにこだまして元気な子供の声に癒される
DSC07050.JPG

DSC07053.JPG

DSC07059.JPG

DSC07058.JPG

DSCN9218.JPG

DSCN9219.JPG

遥か遠くに霞んでアクトタワーなど浜松の中心街が見える
DSCN9228.JPG

山いっぱいに咲いたらきっと見事と思う
DSCN9231.JPG

DSCN9232.JPG


一巡して秋野不矩美術館創画展の後期展へ
先日前期展に行って図録も買ってきて一通り目を通していたので理解しやすかったが前期展より前衛的な絵は少なかった。
やっぱり日本画は素晴らしい。

美術館を出て北区にある「ミートレストランとんきー」というとんかつ屋さんに行ってきた。
以前から行きたかったのでようやく実現できた。
生産から供給、レストランまでやって美味しい豚肉が食べられるので評判のお店。
私はロースかつ定食、Kさんはロールかつ定食を注文。柔らかくて味が良かった。

DSCN9233.JPG

DSCN9234.JPG

そのあとコストコへ。以前も一緒に行ったけど二度目。
安くて値打ちなのでお客さんもいっぱい。
試食もいろいろあって「お腹をすかして行けば良かったね」と笑いあった。

posted by 雲渓 at 19:28| Comment(0) | 美術館巡りと観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

三島スカイウォーク(三島大吊り橋)、静岡県富士山世界遺産センター

2/15木 玉ねぎの生育が悪くて月、火、水とL級以上を収穫したら収穫するのがなくなって今日の畑仕事はお休み。
ということでKさんと浜松で遊ぼうと言っていたが富士山が見えそうだから急遽三島スカイウォーク(三島大吊り橋)と静岡県富士山世界遺産センターへ行くことにした。

R1のバイパスでのんびり沼津まで行き三島大吊り橋は三島のどの辺だろうかとよそ見していたら信号待ちしていた車に追突してしまった。ブレーキを踏んで他所見していたつもりだったが足がおろそかになっていたようで車は動いていた。ゴツンという音で前を見たらぶつかっていた。
相手の方がとても良い方でとりあえず一緒に沼津署まで行き、交通係のおまわりさんに事情を説明。事故調査状を作っていただきお互いの保険屋さんに連絡、お相手の方はどこも怪我はないということで車の修理等は保険屋さんに任せるということで警察署でお別れ。

その方は忙しい方で遠方から来ていてとんだ目にあったが文句も言わず自己処理を済ませたら熱海に向かって行かれた。

私たちは1時間ロスをしたが三島大吊り橋に到着。富士山はそれまで綺麗に見えていたが少し雲が掛かってしまった。でもまあまあ富士山を見ながら三島大吊り橋を渡った。
立派な大吊り橋で大勢の観光客で賑わっている。

DSCN9161.JPG

DSCN9163.JPG
じいばあのツーショット

DSCN9166.JPG

DSCN9168.JPG
ジイバアのツーショット。

なかなか立派な吊り橋でスケールが大きな景色を堪能できた。
車椅子ですれ違いができる幅だそう。
雨の日はレインコートを貸してくれるので傘は指してはいけないだとか

次は昼食をとウロウロ探していたら小樽食堂という店があったので入った。Kさんは相変わらず海鮮丼、私は帯広豚丼を頼んで食べた。ジンギスカン鍋も頂いた。どれも美味しかった。お勘定はKさんが払ってくれた。

DSCN9180.JPG

DSCN9181.JPG

そして静岡県富士山世界遺産センターへ
TVでは富士宮の浅間大社の大鳥居が写っていたからすぐそばと思い行ったらやはりそうだった。

DSCN9182.JPG

DSCN9184.JPG

中に入って富士山に関係した映像を5階に上がるまで大スケールでいろいろ見る。
DSCN9192.JPG

DSCN9191.JPG

DSCN9193.JPG

屋上に出てびっくり。素晴らしい展望の富士山が真正面に見えて感激。やっぱり富士山が見えるこの時に来て大正解。
DSCN9195.JPG

DSCN9196.JPG


富士山の映画も見て下へ降りる
入る頃は池に波があったが綺麗な鏡状態でさかさ富士山が見事な富士山になっていた。
DSCN9204.JPG

DSCN9206.JPG

浅間大社にお参りして無事に今日のスケジュールは終わり。
楽しい一日だった。
Kさんにはチョコレートや手作りのチーズケーキも頂いてハッピーな一日だった。

今年は孫娘に手作りチョコケーキを頂いて最高に美味しかったがKさんにもチョコとチーズケーキを頂いて幸せなバレンタインだった。
DSCN9157.JPG
孫娘の手作りチョコケーキ
posted by 雲渓 at 21:49| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする