2017年06月16日

「鶴瓶の家族に乾杯、高橋一生と静岡市訪ねる」を訪ねる


今日は(6/15木)今週のNHK「鶴瓶の家族に乾杯」は高橋一生が大河ドラマ「女城主直虎」で今川のゆかりの地を訪ねるをやっていたが、静岡県に住んでいながら意外に知らないことばかり。ということでKさんと静岡浅間神社や駿府城に行ってきた。

ついでにKさんが行きたいと以前から言っていたので芹沢_介美術館と私がまだ行ったことがない登呂遺跡にも行った。

遅く家を出たので登呂遺跡に着いたのは11時すぎだった。2000年前の弥生時代意外にも日本も文化があったというのが面白い発見だった。もちろん山内丸山遺跡や佐賀の吉野ヶ里遺跡など多くの遺跡からも優れた文明があったということだけは知ってはいるがこんな身近なところで素晴らしい遺跡があるということに思いを新たにした。そして係りの方が熱心に説明してくれるのにも感激した。

大勢の小学生が見学に来ていて熱心に耳を傾けていたのも喜ばしかった。
遺跡の前で発掘された田んぼに稲を植える人。
DSCN5980.JPG

遺跡に小学生がたくさん訪れていた
DSCN5981.JPG

DSCN5984.JPG

DSCN5982.JPG

DSCN5983.JPG

臼に杵でつく様子を聞いているKさん
DSCN5985.JPG

火おこしの実演をしている。
DSCN5988.JPG

DSCN5987.JPG

登呂遺跡
DSCN5993.JPG

DSCN5992.JPG

家の内部
DSCN5990.JPG

DSCN5991.JPG

展示場にて
ここでも熱心に説明をしてくれる

富士を背景に田んぼが広がる写真
DSCN5995.JPG

機織り
DSCN5997.JPG

祭事場
DSCN5996.JPG

ねずみ返し
DSCN6000.JPG

穀物倉庫
DSCN5999.JPG

DSCN6001.JPG

次は芹沢_介美術館
静岡が産んだ染色工芸家
和紙に型を切って着物などに型染めの染色を行った偉大な工芸家
TVなどでは(日曜美術館など)何度か拝見しているが実際に見るのは初めて。Kさんに教えたらいつか行きたいと言っていたのでようやく念願かなっていけた。

DSCN6004.JPG

DSCN6003.JPG
なかなか落ち着いた佇まいの美術館

今回は沖縄との関わり展
沖縄の有名な紅型との関わりを着物などを通じて鑑賞できる。
絵葉書を10枚ほど買ったので主な図案のほんの一部分をどうぞ
DSCN6052.JPG

庭には噴水があったりネジバナも咲いている
DSCN6007.JPG

DSCN6006.JPG

そして街の中心部に行ってお食事
ステーキ肉とソーセイジの詰め合わせのセットを注文したが美味しかった

昼食のあといよいよ「鶴瓶の家族に乾杯」を辿る旅

最初は駿府城公園へ行くが実は大道芸フェスティバルで来た以外まともに来たことがなかった。
お堀を巡るだけでも本格的でとても広くて歩きがいがあった。
DSCN6008.JPG

DSCN6009.JPG

DSCN6010.JPG


DSCN6013.JPG

DSCN6015.JPG

DSCN6016.JPG大きな梁にびっくり

園内を撮ったらたまたま写っている御夫婦が信州松本から「鶴瓶の家族に乾杯」を見て来た方
DSCN6017.JPG

石垣の石の積み方と大きさ
DSCN6021.JPG

DSCN6023.JPG

DSCN6022.JPG東御門・巽櫓

「鶴瓶の家族に乾杯」に出ていたお煎餅屋さん
DSCN6024.JPG

DSCN6026.JPG

DSCN6025.JPG
放送のあと全国からの問い合わせでてんてこ舞い。この日もお客さんでいっぱいだった。私のようなおっちょこちょいがたくさんいる。浜松から来たと言っておみやげを買ったら煎餅を一枚サービスでくれた

Kさんは近くの河内屋の銅鑼焼(三笠焼・どら焼き)を私に家族分も買ってくれた。普通より随分大きい。
今回は残念ながら安倍川餅の(せきべや)さんを検索したら定休日が木曜日ということでまずほとんど行くのが絶望ということがわかった。一番行きたかったところなのに残念無念。

またもう一軒澤木屋さんの駿府焼きも食べたかったが場所がわからなかった。これも残念。
能面を趣味で作られてる工房も行きたかったけどこれもわからなかった。

次は浅間神社へ
昨年富士宮浅間神社はKさんと行ったが静岡浅間神社は二人とも初めて
参道と門
DSCN6027.JPG

DSCN6028.JPG

DSCN6029.JPG

お祓いをしてもらわないので「鶴瓶の家族に乾杯」のようにいろいろ詳しく見れない
外観だけ
浅間神社(左)、神部神社(右)御本殿
DSCN6031.JPG

DSCN6032.JPG

七つの神社が境内にはあるらしい
噴水のあるたもとで休憩
DSCN6034.JPG

DSCN6035.JPG

DSCN6037.JPG

DSCN6036.JPG

DSCN6040.JPG

DSCN6039.JPG

DSCN6044.JPG

DSCN6043.JPG

DSCN6041.JPG大拝殿

DSCN6045.JPG神部神社・浅間神社の楼門

茶店で休憩していた時に松本から来られた御夫婦の奥さんと石段を上って上の神社へ行く。私たちのような「鶴瓶の家族に乾杯」などTVを見て来たといっていた。そう言って来る人も結構いると思う。

石段を登って麓山神社(はやまじんじゃ)へ
DSCN6050.JPG


七つの神社の看板
DSCN6049.JPG

桜えびのかき揚げが美味しい開花亭で夕飯を食べて帰宅
よく歩いた有意義な一日だった

最近の我が家の花
池の周りの花菖蒲
DSCN5963.JPG

DSCN5966.JPG

ソーラーパネルの周りに今までこぼれた種から何年も眠っていたペチュニアの花が咲いた
DSCN5972.JPG

DSCN5971.JPG

DSCN5976.JPG

DSCN5973.JPG

DSCN5975.JPG

DSCN5977.JPG

紫陽花も4箇所たくさん咲いた。背景はY町の我が家
DSCN6054.JPG

スイカがカラスにつつかれた
まだ小さくて熟れてないからと油断したらやられた。
DSCN6055.JPG
posted by 雲渓 at 00:59| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

全国お菓子博覧会伊勢へ

今日は(4/27木)全国菓子博へKさんと行ってきた。

菓子博が開催されているというのは一昨日の中日新聞と昨日のNHKのニュースを見て初めて知った。4年に1回の菓子博で第27回目だそうだ。
期間は5/14までと言うので来月に入ったら行けないので今日しかないということでKさんを誘った。Kさんも知らなかったようだ。
伊勢のサンアリーナで開催されている。そこはお伊勢参りをする時にキャンバスで鳥羽から伊勢神宮に行く途中寄って行くから知っていた。
7時前に家を出て伊良湖のフェリー乗り場へ。8時10分発には間に合わなかったので9時30分まで待った。

フェリーもバスもいつも初詣で行く時よりも随分混んでいるので到着してびっくり。人、人、人でいっぱい。
DSCN4297.JPG

ずらっと並んでいるからなんのコーナーかと思ったら「全国お菓子夢の市」と言って全国のお菓子を販売しているところらしい。

私たちはとりあえずメインアリーナに入ってお菓子のテーマ館に行った。
そこも人でいっぱいだが並んで入ることもなかった。でも展示物の前は人でいっぱい。
そしてお菓子で作られた工芸品にはただただびっくり。それはもう来た価値があるというもの。

例えば。
DSCN4027.JPG

DSCN4030.JPG

DSCN4037.JPG

DSCN4056.JPG

DSCN4057.JPG

DSCN4062.JPG

DSCN4068.JPG

DSCN4092.JPG

DSCN4093.JPG

DSCN4094.JPG

DSCN4107.JPG

DSCN4109.JPG

DSCN4108.JPG

DSCN4138.JPG

DSCN4148.JPG

DSCN4178.JPG

DSCN4182.JPG

DSCN4201.JPG

DSCN4202.JPG

DSCN4225.JPG

DSCN4226.JPG

DSCN4228.JPG

DSCN4239.JPG

DSCN4241.JPG

DSCN4242.JPG

DSCN4243.JPG

静岡県の作品・シンデレラ
DSCN4245.JPG

DSCN4246.JPG

一通り作品を見たのでお昼ご飯にする。
二人共海鮮弁当を並んで買う
どこも食物のブースの前には行列がいっぱい。
うに弁当と牡蠣入り弁当を買って半分こずついただく。どれも美味しかった。
どこも座るところがなくて苦労する。
DSCN4249.JPG

チーズ入りくるくるウインナーも買って半分こして食べる。これも美味しかった。

そしてまたメイン会場の全国お菓子出会い館とお菓子の匠工芸館へ
DSCN4251.JPG


三重県のお菓子職人が広重の浮世絵を基に作ったお伊勢参りの風景
TVでも紹介されていたが花びらも一枚一枚何万枚もあるらしい。
DSCN4254.JPG

DSCN4256.JPG

DSCN4261.JPG

DSCN4260.JPG

DSCN4264.JPG

次は全国お菓子出会い館
静岡県コーナー
DSCN4272.JPG

DSCN4271.JPG

くまモンコーナー
DSCN4276.JPG

3階に上がったら観客席が休憩室になっていた
DSCN4280.JPG

外の風景
DSCN4283.JPG

最後に仕方なく?全国お菓子夢の市に並ぶ
最後尾90分待ちだとか。
DSCN4287.JPG


入口にやっと来た
振り返ってみたところ
DSCN4291.JPG

そして全国のお土産を10点ほどゲット。まあなかなか遠くへは行けないからと私好みの珍しいものばかり勢いで買ってしまった。

デジでも行列。30分待ちとあった。22のデジでてんてこ舞いだがなかなか手際が良くて、会計が終わったらデジの係りの人が番号札を掲げてそれを見た誘導の人が番号札のところへ行くように指示している。
これならどこが空いたかひと目でわかるから大したものだと感心した。
Kさんが先に並んでくれてて買い終わったところでKさんのところに行ったので半分近くは待たずに済んだようだ。

人が大勢過ぎてどこも並ばなければならないので自分が少しづつでも食べたいものを食べられなかったのは残念。お菓子ということで会期が短いから仕方ないか。せめて2,3ヶ月あればゆったりできるのにと思った。
浜松からだと伊勢湾を大回りして回ってくるかフェリーでしか来ることはできないので折角だからもっとゆとりがほしかったかな

そしてバス待ち所でキャンバスに乗って鳥羽港へ
バスも押し合いへし合い立ったまま。

フェリーに乗る前にレストランでお食事。といっても伊勢に来たなら二人共「伊勢うどん」。そして松阪牛コロッケを1つを半分ずつ。そして伊良湖名物大焼あさりを注文。2個を2人でいただく。会計はKさんのおごり。どれも美味しかった。ごちそうさま。

そして無事に帰宅。人に酔ってくたびれて大変だったが素晴らしい一日だった。
posted by 雲渓 at 21:46| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

東京へお花見ツアー・追記あり

昨日は(4/06木)東京へお花見ツアーで行ってきた。
Kさんがツアーを申し込んでくれて二人で参加。当日の天気と開花状況が心配だったが晴れ男の私は浜松方面の曇り空と違って東京の空は晴れだった。上野公園がコースになっていて東京のソメイヨシノは結構早くから開花宣言していたので散ってしまわないかと気がかりだったがそれは見事な満開だった。

浜松は曇って今にも降り出しそうだったが御殿場辺は良い天気で富士山も顔を出している
DSCN5532 (2).JPG

まず最初に訪れたのは築地市場。最近何かと話題に上っている。私は家内と何度か「青春18切符」を使って深夜特急「長良(ながら)」で来て品川で降りて早朝の市場まで行き見物やら買い物食事をしたものだ。そのあと観光やほうぼうの美術館巡りをしたものだ。当時から美術館を巡るのに来ていた。家内の影響大。

Kさんは初めてと言っていた。

最近は外国人の観光客の人気スポットになっているらしい。
到着してまず驚いた。人、人、人とすれ違うのも大変。しかも欧米人やアジア人の観光客でごった返している。

DSCN3812.JPG

DSCN3811.JPG

ツアーコースで昼ごはんは前にも来たことがある
ガイドさん曰く。「東京で一番人気のランチバイキングだからお昼ご飯が入らなくなるので誘惑に負けてなるべくたくさん食べないように。」

そうは言っても見るもの見るもの美味しそうなものばかり。酷というものです。朝食抜きできたからねえ。
店店でいっぱいいっぱい味見もできる。なんと客の心理を突いているねえ。

ついついテリー伊藤のお兄さんがやっている卵焼き(味見用1切れ100円)、大きな焼売150円、うなぎ蒲焼ひと串150円などつい買って二人で半分ずつ食べる。

卵焼き丸武の店
DSCN3810.JPG

DSCN3809.JPG

うなぎ屋さん
DSCN3813.JPG

まぐろや
DSCN3814.JPG

雲丹や魚介類をたっぷり乗せて焼くお店
DSCN3815.JPG

昔来た時と余りにも違ってついつい引き込まれてバスに戻った時は私たちが最後で時間ギリギリだった。

東京の街はほとんど私が運転中だからゆっくりビル街を見ることはないが今日は見れて良かった。
DSCN3808.JPG

そして品川プリンスホテルへ向かう。
前回は社会保険マナベルクラブのバスツアーで泉岳寺とコースになっていてカニをたくさん食べた記憶がある。

道中あちらこちらで桜が満開
DSCN3816.JPG

11時頃品川プリンスホテルに到着
DSCN3818 (2).JPG

DSCN3817.JPG

ここも広間いっぱいのお客さん
DSCN3819.JPG

DSCN3820.JPG

メインがローストビーフとスイーツだって。
もちろんいろいろいただく。
とくにスイーツは大満足。
時間はまだいっぱいあるが退場して二人してホテル内を見学。
DSCN3821.JPG

綺麗なステンドグラス(前にも載せたかも)
DSCN3825.JPG

DSCN3824.JPG

DSCN3827.JPG

時間が来てバスに乗り込む
いよいよメインの上野公園のお花見
美術館廻りで何度も来ているがお花見シーズンは初めて。
来て驚いた。いつもは何でもない風景なのにこんなところに桜の木があったのかと思うほど風景が一変。
そして人の多さにただただ驚く。外人観光客の多さも尋常でない。みんなスマホやタブレットで撮りながら発信しているようだ。人が人を呼びますます海外からの観光客が来るという好循環。嬉しいねえ。
この年になってこれほど外人観光客に出会えるとは。

博物館近くで下車。桜の道へ歩いていく。時間は3時間ほどたっぷりある。
遠くからでも桜と人の群れが見える。
DSCN3828.JPG

そして人混みの中へ入っていく。
DSCN3830.JPG

DSC05010.JPG

DSC05012.JPG

DSC05011.JPG


端まで歩いてKさんが新品の靴で歩いて足が痛いとか言うのでアメ横へ。
Kさんと何年か前に来て歩いて以来。ここも人が溢れている。そして見てるだけで楽しい。
用事を済ませてまた公園の桜並木を歩く。

DSC05014.JPG

夜の宴会の場所取りから昼間から宴会に興じる人たちがこれもまた風物詩で場を盛り立てているようだ。
DSC05015.JPG

DSC05018.JPG

DSC05019.JPG

花より団子ではなく花も団子もでしょうか。
DSC05025.JPG

若いっていいね。
DSC05026.JPG

DSC05028.JPG

DSC05029.JPG

DSC05031.JPG

DSC05030.JPG

時間はまだ余裕だったが車に戻る。バス駐車場そばの橋から
DSC05035.JPG

そして帰路に
新東名の途中から雨が降り出した。多分上野公園も今頃は雨だろう。席を取ってた人たちどうするのだろうか。
私たちは雨に降られず最高のツアーだった

追記
Kさんにいただいた築地のお土産。私が面白がっていたら買ってくれた。
寿司用下駄に並べてみた
DSCN3861.JPG

DSCN3862.JPG
posted by 雲渓 at 10:53| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする