2018年05月17日

実は入院して心臓カテーテル手術をした。

5/14(月)に入院して5/15に手術。たまたま私の誕生日が手術になった。

文ばかりで愛想がないので我が家の花

ハナビシソウ昨年のこぼれた種から自然に生えて花が咲いた。
カリフォルニア州の州花
DSCN9877.JPG

DSCN9878.JPG

最近心臓が可笑しいとは思っていたけど、定例の半年に一度の診察で不整脈が多いからカテーテル手術をしたほうが良いと言われたので主治医の言う通りにしたらそんなことになった。私のスケジュールも見てくれたのだが早いほうがいいと思った。

一週間前に心臓のCTを撮ってそれを参考にするのだろう。
息子に駅まで送ってもらい聖隷浜松病院へはバスで行く。

今回はもしものことがあった時のために立会人が必ずいるという。手術が何時から始まるかわからないが息子夫婦は火曜日は夜宴会が入っているので出来ないので湖西にいる妹にお願いした。

入院手続きが済んで日程を確認したら朝の9時からなので足のない妹は湖西市から来るのは大変で9時から始まり終わるのが12時頃、麻酔の切れる3時頃には終わる、それまで立ち会って欲しいそうだ。というので息子に来てもらうことにして妹には断りの電話を入れた。

立ち会うといっても待合室で経過を待つということで結構退屈だろう。申し訳ない。

その日は明日の準備や説明を聞いて看護婦さん二人がかりでチン毛を剃られた。前もって聞いてはいて覚悟してたとは言え下半身裸になりみっともいいとは言えず恥ずかしいったらありゃしない。
まずは恥ずかしいの洗礼一号

看護婦さんの至れりつくせりの優しい応対でその日はくれた。

手術当日。
息子の嫁がまず8時までに駆けつけてくれた。忙しいのに大変で浜松医大に用事があると言って出かけたが汗をかきかき9時前に間に合ってくれた。
私は手術着に着替え、看護婦さんが私のモノを持ちストローより太い管を尿管にいれ膀胱まで入れようとする。あと少しで膀胱に届くところでどうしても無理なようで管を抜いてそのまま車椅子で手術室へ。手術台では排尿した場合もれないような処置をした。
そんなことなら初めからそうしてくれれば、まるで拷問のような痛さをせずに済むのに。悲しくなった。

沢山のスタッフに囲まれて説明を受けたり手足が動かないように固定されたり、麻酔を打たれたまでは覚えているが気がついたときは病室で一生懸命声をかけられて何やら叫ばれてる。夢の中で目が覚めたら一体ここはどこ?
もう手術は終わって息子が途中で代わったらしいが帰ったあとだった。

それからが大変。麻酔が覚めてきたら胸のあたり心臓が締め付けられるようで苦しくて痛くてこんな体験は初めて。
まだ朧げだけどこれで私も一巻の終わりかと覚悟した。こんな苦しいのなら早く殺して!!

先生や四五人の看護婦さんもオロオロしている。と感じた。先生はどこかへ消えた。
何時間が過ぎたか一時間ほどだったかわからないが次第に痛みも取れて正常に戻った。死なずに済んだ。

今日は朝から水も50ccとわずか、朝食抜き、もちろん昼飯も抜き。夜の食事も食欲はないが聖隷クリストファー看護男子大学生がスプーンで口に入れてくれ少ない量だったが食べることができた。
優しい気のつくアルバイトの学生さんだった。なぜこの道にと聞いたら両親が看護師だからと言っていた。出身は静岡だと。イケメンで役者にしても良いような感じで、きっと持てるだろうなと思った。
壁に貼ってる私の年齢などを見て「今日が誕生日なのですねえ。お誕生日おめでとうございます」と嬉しい一言を言ってくれた。ほかの看護婦さんは忙しいのでそんなことには気がつかないだろうが、嬉しかった。

さて排尿になった。看護婦さんが来て私のものを持って今度は昨日より細いくだを尿道に入れる。これも拷問のようで泣きたいくらい。膀胱まで届かないがなんとか排尿できた。

それからはもよおしたくなったらナースコールで呼んで持ってもらって管無しでオムツに包んでもらい何時でも排尿することができた。それでも管を入れた後遺症で出血して痛くて痛くて。

排尿したらコールして何グラムか測って記帳してもらう。そして新しいオムツに替えて包み直してもらう。最初は下腹部を丸出しで持ってもらったりとても恥ずかしかったが、それ以上に献身的に看護してくれる看護婦さんに感謝しかなかった。

九州福岡県飯塚市出身のAさんには本当に感謝しかない。まだ20過ぎたばかりのような娘さんだ。夜8時からあくる日の9時頃まで献身的に頑張ってくれた。ブラックなんてものじゃあないだろうけど明後日の昼まで休みだとか。タクシードライバーと似たようなものかな。

もちろん私一人ではなく大勢の入院患者にもだが。私も九州は大分県出身で、彼女の出身の飯塚市鯰田村に一年間いて小学校は鯰田小学校に入学した。今では合併して違う校名になっているらしい等話が弾んだ。なにか縁を感じた。多分これきりで会うこともないだろう。
もちろん6人の大部屋で皆いびきをかいて寝てるから静かに話すのだが。

その夜は絶対安静で寝返りも手足を動かすこともできず、右足の付け根には太い管(カテーテル)を入れた傷口が痛くて一睡もできなかった。
首の付け根からも入れたのだが心臓より高い位置だから出血は少なく痛みも何故か少ない。

何度か排尿したが最初は痛くて満足に出なくて、手術の時に身体中に回っている造影剤を血管から排出せねばならないので苦しくても何度か頑張っているうちに痛みもなくなって割と楽に出るようになった。

午前午後と先生や看護婦さんの検温だ血圧測定だ経過診断だと目まぐるしい。
みなさん大変なことだ。
3日目は先生に傷口の絆創膏を剥がしてもらい手術の時の糸も切ってくれて順調かに見えたが、看護婦さんは動いて良いと聞いたので私がうっかり体を動かしたらまた出血して布団やシーツ、入院着など汚してしまった。
おまけにレントゲンをするために車いすに乗って動いたから出血がひどかった。またきつくテープを張ってもらいこれからは絶対安静とまた手術当日に戻ってしまった。先生は「動いていいなど言ってないのに」と言っていた。


とにかく絶対安静。これがきつくて腰は痛くなるし最悪。でも我慢我慢。FBで私の誕生日を祝ってくれるメッセが来ているがスマホを開いてみることは出来ても返事を書き込むことができない。気にしていたら娘が私の事情を代わりに書いてくれた。

あるとき看護婦さんが「昨日は誕生日だったんですねお誕生日おめでとうございます」と言ってくれるからどうして気がついたかと聞いたら、TV台に息子が薬袋の裏に「お誕生日おめでとうございます」と書いてるのを見つけて言ってくれた。そうか、息子もそんなのに書いててくれたんだと嬉しかった。

今日は最後の夜、たっぷり熟睡できた。

こんな状態で退院できるかと心配したが当日じっと動かずにいたからなんとか出血は止まって先生の巡回でどこも異常なしで退院できると言ってくれた。21日から5日間予定しているスイス旅行は観光だからいいと言ってくれた。主治医は私が登山が好きなのを知っていてスイスでも登山をするつもりかと驚いていたが「今しか咲かない花を見に娘が運転してくれるので行く」と言ったら納得してくれた。

そして無事に退院。息子は病院まで迎えに来ると言ってくれたが手術以来初めて歩いてみてフラつかずに歩けるからバスで帰ると言って断った。果たしてバス停から家まで5分ほどかかるが出血ばぶり返さずにふらつかずに帰れるか心配だったが無事にたどり着いた。

というわけで長い文だけの日記になってしまった。

家族や大勢の皆さんのお陰や病院の先生方スタッフの皆さんのお陰で今回の三度目の心臓手術は終わった。

木曜日の夕刊で西条秀樹さんの訃報が載っていた。彼は脳梗塞を二度患ってそれが原因ではないかと思うが脳梗塞は心臓心房細動が原因で血栓が頭にきて起きる病気。

今日の夕刊には星由里子さんが心房細動とガンで亡くなったと報じていた。それほど心房細動は怖い病気。

たまたま私はでペースメーカーを入れてもらって定期的に診てもらっているから少しは安心だがそれほど心房細動は怖い病気。
暇人の私は病院通いができているが多忙の人は医者に診てもらうこともしないうちに亡くなっていく。
心臓とガンと肺炎はほんと怖い病気。みなさんも定期検診は必ず受けてください


農業日誌 5/18


久しぶりに(13日以来)畑に行って見た

今日畑を見てきたらビワもだいぶ大きくなっていた。後ろは渋柿、今はたくさん実がついているが雨が多かったりするとほとんど落ちてしまい昨年は10個ほどしか成らなかった

DSCN9880.JPG

今年こそ蓮も咲きそう。

DSCN9884.JPG

5/12に落花生を追加で種を蒔いたら今日はほとんど芽が出てきてた。

ウツギ
DSCN9881.JPG

DSCN9882.JPG

南隣のMさんに挿し木のブドウを頂いたのが、4年経った今年初めてのぶどうに3つ房がついて花が咲いた。ぶどうの花は初めて見る。このまま順調に実がついて欲しい

DSCN9888.JPG

DSCN9887.JPG

先日蒔いた人参と小蕪が芽が出てきた

スイスのスイカを8箇所定植した
posted by 雲渓 at 16:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

今日は鏡開き

今年初めてのブログ。
皆様明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

我が家のベランダから撮った初日の出
DSCN9048.JPG

忙しい正月を送れて今年は昨年より好調な滑り出し。少し景気が良くなったのかな。

息子は昨年の18号台風と冬の嵐でハウスのビニールが破れたのをヒマを見ては張ってようやくできた。
頑張って二棟のハウスを作った。
DSCN9051.JPG
完成した二棟のハウス。

畑に通うのは国1を通ることがほとんどだがたまに海岸通りを通ることもある。現在防潮堤が作られているが浜に一番近い道。
通称サザンカ通り。
道路沿い両脇にずっと山茶花の植え込みがある。
そこで山茶花の花がいちばんきれいに咲いている中田島砂丘の入口に近い駐車場前の花を写真に撮った。

DSCN9053.JPG

DSCN9054.JPG

DSCN9055.JPG

先週の木曜日も予約で休んだ気がしなく、今日がお店は完全なお休み。
ということで北風吹きすさぶ中一日中長ネギの収穫。
明日から3日間忙しいのでできれば今日一気に済ませたかったが量が多くて無理だった。

スコップでネギに沿って堀り葉やネギを傷めないように抜く。
軽トラで作業場まで運んで嫁が根を切り息子がネギの皮むき機で綺麗に剥いて箱詰めして出荷。
今年の長ネギは台風でほとんど折れたので出荷は無理と覚悟していたが多くの生産者が台風でやられていたので今年だけ最下級にて出荷ができるようになってありがたい。
でも作物とはすごい復元力で全滅と思っていたが何とか出荷するまでになってくれた。
DSCN9058.JPG

今日はお鏡開きの日だが結局夜おしるこを作って皆でいただく。
お餅は自家栽培のもち米で、お汁粉も自家栽培の大納言小豆で作る。無農薬の大粒の小豆のお汁粉は気持ちも嬉しいが味も最高。ありがたいことです。
IMG_20180111_175749.jpg

IMG_20180111_184840.jpg

ということで今年もよろしくお願いいたします。

追記
息子たちは家に持って帰ったネギ軽トラ2台分を夜遅くまで箱詰めして今朝一番でY町集荷場に持っていき出荷した。
ネギは2,3本づつ緑のテープで束ね10束単位で箱詰めするけどそれが結構手間。芋でも玉ねぎでも箱詰めは大雑把な私は出番がない。それほどJAの規格に合わせるのがむつかしい。
でも今回はほとんどが最下級ばかりだから割とむつかしくなかったようだ。
いつもの年なら出荷不可になる製品だけどかなりの台風被害が出たから何とか出荷できるようにしてくれた。
ありがたいこと。
少し畑には残っているが来週終わらせるつもり。
DSCN9059.JPG
posted by 雲渓 at 20:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

良いお年をお迎えください

いよいよ紅白が始まって今年もあとわずか。
皆様来年も良いお年でありますように。

DSCN9037.JPG
しめ飾りは市販のだがしめ縄は今年も息子の手作り。

DSCN9046.JPG
床の間も鏡餅で正月準備もばっちり。

夕食を食べながら孫たちはガキの使いを今まで居間で見ていたが、紅白が始まったので私は紅白をそのまま居間で、孫たちは「ガキの使い」を見に二階へ上がって行った。息子夫婦はまだ仕事中。

毎年我が家の十大ニュースを日記をもとに書いていますがいつものことながら平凡な一年であった。十大ニュースを探すのに困るほど。

最近ブログも書いていなかったので近況報告

今年のクリスマスはコストコで買った1羽丸焼きの鶏肉と変わったサンド。
浜松に外資系のコストコができたが珍しいからでもないだろうが大変な人気。
こうやって資本の大きい外資系の大企業がどんどん進出して既存のお店が駆逐されていく危機感を感じる。
といいながら息子たちもガソリンや買い物に結構利用しているようだ

ケーキは息子が市販のアイスを何段か重ねてデコレーションしたアイスケーキ。
DSCN9030.JPG

お店は暮れというのに土日だけ宴会があるだけで結構のんびり。
畑は台風18号と先日の冬の嵐でハウスのビニールが飛ばされて毎日息子が新しく貼り直しで大変。

元パートのR子さんに頂いた変わったみかん こうじみかんと言うそう。普通のみかんと比べて小さいが結構甘い
DSCN9035.JPG

これはやはりR子さんからのフェイジョアという変わった果物
DSCN9026.JPG

一昨日キウイを剪定して切った枝が山のようにあったのにウッドチッパーで簡単に始末できた。
IMG_20171228_110438_8CS.jpg

今年は3本の木に1000個程なったと思う。私も毎日2個ずつたべてるが、多くの人にあげることができた。
剪定して無駄な枝がなくなって随分すっきりした。

最近いろいろの果物の苗を植えた。
ポポという果物を2本植えたり、ぶどうを2本、ブルーベリーを6本という具合。
ブルーベリーはY町の畑等を買ったとき12本植えたが土壌がアルカリがきつくてトレイに植え替えた。
結局4本枯れて8本になった。そして6本新たに買って14本。

12月の半ばからファーマーズマーケットに里芋と柚子、菊芋を出品。
収穫したら洗って選別をして計りながら袋に詰める。結構面倒だが年末までに無事に完売。

モッコクが咲いてきた
DSCN9038.JPG

スダチが黄色くなったので枝を切って飾った。
DSCN9042.JPG

玄関横の飾り棚が頂き物や買ったもので賑やかくなってきた。
DSCN9044.JPG

干支の戌も鎮座している。

紅白も1時間が経過してきた。
どうぞ皆様来年も良いお年をお迎えください。
除夜の鐘まであと4時間になりました。
posted by 雲渓 at 20:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする