2016年11月11日

信州へ

昨日は(11/10木)信州へ行ってきた。
娘夫婦が12/09に本帰国が決まって新たな赴任地が決まるまで我が家で暮らす事になるので信州の家に置いてある家具を取りに行った。

軽トラで積める量は知れているが一人では持てないので息子に頼んで一緒に行ってもらた。

息子は折角行くなら駒ヶ根の光前寺と諏訪大社に行きたいというので私も付き合うことにした。

道が混むのが嫌だから早朝4時過ぎに出発。新東名浜北ICから引佐JCTへ。そこから鳳来峽ICまで行きR151をひたすら駒ヶ根まで走る。軽トラでETCが付いていないので仕方なく下道を走る。
昨日は寒さが厳しく信州に入って道中−2度と表示されていたり霜が降りていたりさすが長野県。寒いものだ。
曇り空だけど雪を頂いた中央アルプスも南アルプスも見えて良かった。
DSCN4027.JPG

そして8時頃光前寺へ到着。

駐車場から見る境内は紅葉真っ盛り。

早速境内に入って撮る。
DSCN4030.JPG

DSCN4031.JPG


DSCN4033.JPG

DSCN4035.JPG

DSCN4038.JPG

DSCN4041.JPG

DSCN4055.JPG

DSCN4071.JPG

境内を写真を撮りながらブラブラする。昔家族で三度ほど訪れているが息子は子供の時に来た以来だから初めて来たようなもので一生懸命蛇調査隊の取材していた。

境内を出て周りをぶらぶら。
DSCN4078.JPG中央アルプス

駒ヶ根美術館の紅葉(もみじ)
DSCN4075.JPG

DSCN4074.JPG

DSCN4076.JPG

DSCN4073.JPG

DSCN4072.JPG南アルプス

お気に入りの取材ができたか知らないが一通り見て駒ヶ根ICから諏訪IC諏訪大社上社へ。今年の春に来た時は御柱祭が終わったばかりでまだ立っていなかったが今回はすっくと立っていた。
DSCN4084.JPG

DSCN4085.JPG

息子が見て回っている間御柱の写真を撮って私はすぐ車の中で待っていた。

上社を見たら満足かと思ったら次は下社に行きたいという。最初に言ってくれれば岡谷ICまで行って順番に見れるのにまた諏訪湖のまわりを回って下社まで行くことになった。私も初めてなので興味があった。

到着したら参拝者や観光客がいっぱいで驚いた。
上社は少なかったがなぜかここはいっぱいで驚いた。
DSCN4088.JPG

DSCN4089.JPG

DSCN4090.JPG

DSCN4094.JPG

DSCN4096.JPG

DSCN4095.JPG

下社秋の宮の御柱
DSCN4098.JPG

安産のお社の周りで若い女性グループに年配の男性が何やら熱心に説明しているので耳を傾けていたらその下を覗くとこんなものが鎮座していた。
DSCN4099.JPG

息子は宝物殿などを見に行くというので私は車内で待機。

そして下社春の宮へ。ここは観光客は少なかった。
DSCN4111.JPG

DSCN4112.JPG

DSCN4113.JPG

見終わって諏訪湖の東側を回って上諏訪から杖突峠に上がり高遠を通って長谷へ

玄関前は枯れた夏草が生えて全く格好悪い。半年ぶりだとやはり荒れた佇まい。中もローカは掃除しなければ蜂やアブなどの死骸があって拭き掃除をした。春は全然掃除しなくても良いぐらいだったのに今年はなぜか掃除を頑張った。そして荷物を車に積んで帰途に着いた。帰宅したら八時すぎだった。


農業日誌
11/04 苺をプランターへ定植。ハウスへ。
DSCN3988.JPG

11/05 すき家近くの畑。大納言小豆のあとにアーリーレッドという赤玉ねぎを植える。
DSCN3990.JPG

DSCN3991.JPG

お茶の木を丸く刈る。花が咲いている
DSCN3995.JPG

DSCN3996.JPG

鬼柚子が色づいてきた
DSCN4001.JPG

工事が始まる
DSCN4009.JPG

DSCN4010.JPG

ミクシーのomakeさんが写真に載せていた小さな雑草の花が我が家にも咲いていた。
ハキダメギク(掃溜菊)
DSCN4008.JPG

11/09 
ソラマメ、エジプトのえんどう豆を定植
高菜定植完了

工事終了
11/11
家の周りや工事終了後の掃除。影になる植え込みの細葉などの木を1.5mの高さで切る。
posted by 雲渓 at 19:36| Comment(0) | 農業日誌と旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月22日

NHK「鶴瓶の家族に乾杯」の大垣へ

今日は(7/21木)先週の月曜日に放送されたNHK「鶴瓶の家族に乾杯」の大垣へKさんと行ってきた
家内が大好きだったNHK「鶴瓶の家族に乾杯」。いつからか私も毎週見るようになった。

大河ドラマで石田三成役の山本耕史が役で関係がある大垣と関ヶ原へやって来た。さすが人気役者。大変面白い放送内容だった。という事で、私もKさんを誘って行く事にした。

大垣に着いたときはお昼だったので「家族で一杯」という常盤貴子が紹介するコーナーのお蕎麦屋さんへナビの案内でやって来た。お昼どきだったので続々お客さんが。私は紹介されたにしん蕎麦を注文、Kさんはにしんざる蕎麦を頼む。蕎麦は?想像におまかせ。好みがあるからね。
DSCN3397.JPG

創業昭和28年という老舗。歴史がすごい。
DSCN3399.JPG

そして大垣城へ
約50年前に高校の時に工場見学のついでに来て以来。石垣の前で仲間を写真に撮った思い出がある。
鉄筋コンクリートのお城だが戦争で焼かれる前は国宝に指定されていたそうだ。

レプリカの火縄銃や槍を持って良いらしく戦国武将よろしく手に取るが以外に重い。
最上階からは伊吹山の手前に山に挟まれた関ヶ原古戦場の方向が見える。
DSCN3413.JPG
伊吹山は雲に霞んではいるが実際は見えた。山と山の挟まれた凹んだところが関ヶ原古戦場らしい。

一階のジオラマ
DSCN3414.JPG

DSCN3420.JPG

なかなか格好が良い大垣城。
DSCN3404.JPG

DSCN3426.JPG

式前写真を撮っているカップル。なかなかの美男美女だ。よく私は式前写真に出会う。
先日Kさんと行った二川の宿や近江八幡の掘りだったり。今日は大安だしね。
DSCN3423.JPG

マンホール
DSCN3424.JPG

次は郷土資料館へ
大垣を江戸時代支配した戸田氏代々の資料や朝鮮使節団の資料が興味深かった。

「鶴瓶の家族に乾杯」では大垣の三っの良さを資料館の昔のお嬢さんがあげていたが、水が美味しい、だから水菓子が美味しい、そしてワサビが美味しいと紹介されていた。
なるほどいたるところに湧水が。
DSCN3427.JPG

DSCN3428.JPG

DSCN3431.JPG

次は「鶴瓶の家族に乾杯」では行かなかったがパンフに近くに美術館があるのでKさんの提案で行った。
大垣市守屋多々志美術館で企画展「いにしえの夢」。
記憶を遡ると我が家にある週刊朝日グラフ美術館で見たことがある。守屋多々志は大垣市出身の日本画家。なかなか引き込まれる素晴らしい作品だった。行ってよかった。好きな美術館だ。
http://www.city.ogaki.lg.jp/0000002019.html
帰りに図録を購入

次は商店街にある餅惣(もちそう)という水菓子店へ
「鶴瓶の家族に乾杯」で紹介されて店内外にお客さんが。
DSCN3433.JPG

紹介されていた小学生のお嬢さんもお手伝いしている。人気者だ
DSCN3437.JPG
よく見ると「鶴瓶の家族に乾杯」のポスターも飾られている

早速水菓子かけ氷を二杯注文していただく。あっさりして美味しい。
DSCN3438.JPG
写真を撮るのを忘れて食べ終りごろのかけ氷の写真

帰り際に「浜松からTV見て来たんだよ。おっちょこちょいでしょ」と言ったら「主人は浜松は『ふる里』で何年か修行したから時々行っているわよ」だって。びっくりぽん!『ふる里』は浜松でも人気の和菓子屋さんだ。そして和菓子を1つお土産に頂いた。

駐車場に戻り関ヶ原へ
石田三成の陣跡 松尾山
DSCN3442.JPG関ヶ原が見渡せる

DSCN3443.JPG

DSCN3444.JPG坂を登ってきたので休憩中のKさん

DSCN3446.JPG

DSCN3447.JPG

DSCN3448.JPG

盟友で名将の島左近の陣跡
DSCN3452.JPG

そして帰路に着いた

農業日誌と最近の出来事

7/8以来のブログだからいろいろあった
7/08
今年は栗かぼちゃが大豊作
最初30個ほど。順次10個づつ50個ほど成った
DSCN3320.JPG

7/09 久しぶりに国一より南の畑を見に行ったら肥料用の豆が随分大きくなっていてびっくり。すき込んで肥料にする
DSCN3322.JPG

夏を象徴する我が家のひまわり
DSCN3324.JPG

DSCN3325.JPG

DSCN3326.JPG

7/14 我が家の花
DSCN3343.JPG

DSCN3344.JPG

DSCN3338.JPG

DSCN3339.JPG

DSCN3330.JPG
昨年はユリがよく咲いたけどそれが今年は変な害虫が半分は食い荒らして駄目になった。ユリクビナガハムシという虫で黒いうんこがかぶっているから気がつかなかったら、あっという間に百合という百合をやられた。悔しい!!

7/16
干ぴょうがだいぶ大きくなって収穫も近い
DSCN3346.JPG

DSCN3348.JPG

DSCN3347.JPG

クマゼミがすごくけたたましく鳴いている
DSCN3351.JPG

ヒオウギアヤメ
DSCN3355.JPG

百日紅もだいぶ咲き出した
DSCN3364.JPG

DSCN3365.JPG

7/17
すき家近くの畑のインゲンと大納言小豆、丹波黒豆
DSCN3370.JPG

DSCN3371.JPG

7/18
タラの芽の木で鳴くクマゼミ
DSCN3373.JPG

7/19 いよいよ干ぴょうの収穫と干す作業始まる

30個ほど収穫。息子と二人でむいてハウスに干す
DSCN3385.JPG
DSCN3386.JPG

DSCN3375.JPG

昨年行った北海道の紫竹ガーデンさんで頂いた名前のわからない花

早速mixiのマイミクomake様からメールをいただきまして名前を教えていただきました。omake様いつもありがとうございます。
DSCN3376.JPG
ゴデチア(ゴーデティア) :アカバナ科  北米原産
https://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-326
この花、最近よく出回るようになったみたいですが、間違ってゴテチャなんて呼ばれることもあるようです。とのことです。

DSCN3380.JPG

DSCN3381.JPG

DSCN3383.JPG
ハナビシソウ(エッショルツィア) :ケシ科  北米原産  
https://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-740
ハナビシソウが咲くのは普通5,6月頃とされていますが(実際こちらではもう咲き終わっているのですが)、7月も花期に入れている資料もありますので多分そうではないかと…

とのことです。ありがとうございました。

ほかに勿忘草や矢車草、なでしこ、ムシトリナデシコなど名前の分かる花もあるがどなたか知っている方教えてください

月桂樹の実がついている
DSCN3388.JPG

DSCN3389.JPG

7/20
干ぴょうの収穫と天日干し
この日は私一人で27個のかんぴょうをむいて干す
DSCN3391.JPG

農機具小屋の前に脚立を二つ並べて竿に稲わらを巻く。すべり止めとはがしやすくするため。
DSCN3396.JPG

息子たちは玉ねぎの種床用の土壌消毒のためズッキーニや黒玉スイカを抜いて耕しビニールを全面に張った
DSCN3392.JPG
大変な作業を一日で終了していた

毎日畑や田の草取りが忙しく、モロッコインゲン、なす、オクラなどは収穫も毎日のようにしないと忘れると食べられなくなってしまう。
キュウリはもう終わり。いつもながら私は作るのが下手だ。

7/16,17は午後2時から孫をトビオのプールへ連れて行く。
よく飽かずに泳ぎ回っているものと感心する。私は保護者として付いていなければいけないので自分の泳ぎはできない

トルコでクーデターが起きて心配になったが7/17は国立西洋美術館が世界遺産に登録された。
先々週行ったばかりだからとうとう登録されたかと思ったが、あの時は作品ばかり見て建物にはそれほど興味がなかったので何度も行っていながら印象はあまりない。
でもTVで解説を見るとなるほどと感心する。

7/18 NHKBSで『グレートトラバース200名山一筆書き踏破』を田中陽気が挑戦しているのを放送されているが毎回見るのが楽しみだ。
私も300名山踏破を目指して200山で頓挫してしまったが彼が登る山が私も登った山だとついつい思い出しながら興味が沸く。特に家内と頑張って登った山は懐かしさと身近さで胸にこみ上げる時も多々ある。
この日は安平路山から南駒ケ岳に挑戦。

安平路山から先は道がないことでその道の者なら有名だが彼は道なき道を藪漕ぎしながら歩いていた。途中遭難者のザックが置き去りにされていたり、鳥肌が立つ場面などもあってぶじに南駒ケ岳に着いてほっとしたものだ。
私たちのHP
http://www.geocities.jp/hyakumeizan2345/2009nen_sankou/9_24anpeiji/9_24anpeiji.html

http://www.geocities.jp/hyakumeizan2345/2009nen_sankou/10_15kosumo_nankoma_utugi/10_15kosumo_nankoma_utugi.html#2

梅雨も明けたから毎日暑さが続いているがでもなんかいつもと違う。梅雨明けだともっとカラッと好転が続くはずだが来週は曇り空が多そうだ。孫たちと山の計画をしているというのに。

白鵬が今日も負けた。帰りの車中でTVで音声だけ聞いていたが彼は確かにすごい相撲取りで強い横綱だ。でもね。暴力行為寸前のような汚い手を使ったりしてなりふり構わない相撲内容が目に付く。
そんな彼に相撲の神様がいたずら心で
足の親指を考えられないような負け方をさせてしまった。いよいよ神様に見放されたのかもしれない。
稀勢の里も重圧でアップアップだが少しは神様も味方してくれていると思うところもある。
あと3日間が楽しみだ。

と、こんな近況報告

本当は7/15に娘婿がモンゴルですごいことをしてくれて万歳を言いたいところだけどこれはまだ報告はできないのでいつかまた。
posted by 雲渓 at 00:54| Comment(0) | 農業日誌と旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

河津バガテル公園へ

昨日は伊豆の河津バガテル公園へKさんと行った。

天気予報だと西の方は雨のようだが伊豆は天気が良さそうだからKさんの提案でバラを見に行った。先先週も島田のバラの丘公園で見たばかりだからまたバラかと思ったが行ってびっくり!!遠いところだけど素晴らしくって行く価値はあった。

遠いから早くに家を出た。浜松は雨が降っていたが静岡あたりに来ると止んで伊豆では晴れていたのでびっくりした。伊豆も縦貫道路ができて随分早く行けるようになってありがたい。昔は沼津から三島を過ぎるまで渋滞で伊豆へ行くだけでも億劫になったものだ。

とにかくバラの種類、広さどれをとっても素晴らしいの一言。手入れが行き届いて感激の連続。
とにかく写真をご覧あれ(パノラマ写真はクリックすると大きく表示されます。もう一度クリックするとさらにワイドになります)

DSC04597.JPG

DSC04609.JPG

DSC04610.JPG

DSC04617.JPG

DSC04618.JPG

DSC04619.JPG

DSC04622.JPG

DSC04623.JPG

少し小高い園を一望できるキオスクというところからの眺め。上の写真の塔のあるところ

DSC04668.JPG

DSC04669.JPG

DSC04664.jpg

DSC04661.jpg

アップの花たち
DSC04633.jpg

DSC04630.jpg

DSC04627.jpg

DSC04608.jpg

DSC04635.jpg

DSC04603.jpg

DSC04591.jpg

DSC04632.jpg

DSC04601.jpg

DSC04643.jpg


DSC04648.jpg

DSC04641.jpg

DSC04654.jpg

DSC04642.jpg

DSC04651.jpg

DSC04640.jpg

バラのソフトクリームを買って食べた。
園内はバラの香りがずっと甘く漂ってそれだけでも幸福な気分になれるがソフトクリームも香りも味も良かった
Kさんはばらの石鹸などを買っていた

ここを出たあと下田に行った。
そして昼食。地元らしい美味しいものを求めて港の道の駅へ。向かえの金目亭にて5種類のお刺身の定食を食べる
DSCN2664.JPG

腹ごしらえがすんで道の駅にてKさんがお土産を買い開港博物館へ
DSCN2667.JPG

DSCN2666.JPG

DSCN2665.JPG

なまこ壁が綺麗な外観
我が家も腰の部分は家内の好みでなまこ壁。だからなまこ壁を見るとうれしい。

1号館は江戸時代と下田の関係、2号館は開港にまつわる展示が中心になっている。二号館は大変興味を持って見ることができた。

「よしだみどり」さんの「金子みすゞ 心の詩集」という本があって購入。
「金子みすゞ」 は名古屋の中日劇場で石井ふく子の「空の母さん」を家内と観劇して以来のファン。池内淳子が熱演して感動した。
ほかに「ハリスとヒュースケン 唐人お吉」、「吉田松陰」の二冊も買った

次は開国にゆかりのお寺「了仙寺へ」

DSCN2672.JPG

DSCN2673.JPG

ニオイバンマツリの花が周りにいっぱい咲いていた
DSCN2676.JPG

DSCN2677.JPG

来るときは天城越えをしてきたが帰りは景色の良い海岸線を帰ることにした
松崎の道の駅にて

誰の作か見なかったが魅力的な像
DSCN2678.jpg

DSCN2679.JPG

DSCN2681.JPG

DSCN2682.JPG

DSCN2683.JPG

そして松崎といえば伊豆の長八。静岡県に住んでいるから何かとTVでも放映されているが鏝絵(こてえ)の達人の美術館へ
館内は撮影禁止なので外観だけ
DSCN2686.JPG

そばにはこんな建物も
DSCN2684.JPG

DSCN2685.JPG

堂が島は昨年Kさんと行ったので通るだけ
土肥から山を越えて三島から沼津IC浜松へ無事に帰ってきた

農業日誌

5/18 100坪の田へもち米を植える
DSCN2609.jpg

5/18 道路側を花壇に整理
DSCN2606.jpg
北海道紫竹ガーデンに行った時にいただいた花の種をまいたのが大きく育って植える
昨年孫のプランターのひまわりの種を取っておいたのを蒔いたのが大きくなって植える

5/19  種からのスイカを3本植える
5/20 オクラ定植と種も蒔く
DSCN2620.jpg
     借りたすき家近くの畑へじゃじゃちゃ豆とさつま芋、紅はるかの苗を植える
     じゃがいも三度目の収穫(葉の枯れた男爵、キタアカリ)
5/21 青首大根、チンゲンサイ、春菊の種まき
5/23 じゃがいもメイクイン収穫(コンテナ1箱分)
5/24 じゃがいもメイクイン収穫(コンテナ2箱分)
DSCN2632.JPG

毎日毎日草取りと水やりは欠かせない。
黒スイカもだいぶ大きくなった(5/19の写真)
DSCN2601.jpg

ハマボウフウの花
DSCN2614.jpg

DSCN2611.jpgクワイ植える

DSCN2605.jpg菊芋とモロッコインゲン

DSCN2615.jpgキウイフルーツの花

今朝は早く目覚めたのでブログを書いたところ。
昨夜からの雨がやっと止んだようだ
posted by 雲渓 at 06:21| Comment(0) | 農業日誌と旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする