2016年08月29日

無事に稲刈り終了と農業日誌

昨日(8/28)で無事に4反の稲刈りが終了した。
今月(8月)も終わろうとしているが農作業の忙しい月だった。

天気が良いから毎日の水やり、野菜等の収穫、草取りは必ずやらなければいけない。オクラなどは取り忘れると硬くなって食べられなくなるし雑草は畑を順番に回ってやるが一週間も経たずにあっという間に生えてきている。やっかいな作業だ。直植えの物はそれほどでもないが砂地だから水はけが良すぎてうっかりできない。

稲刈りするにあたって中古の乾燥機を新たに買ったのでそれの小屋を作らなければいけないので息子はひまを見てはコツコツ作っていた。
今までは横型の乾燥機だったが作付面積を2反借りて倍の4反に増やしたので処理能力を効率よくするために縦型の自動乾燥機に変えた。

DSCN3683.JPGほぼ完成の小屋

8/7 西の畑の紅高系芋の収穫終了。二日かけて息子夫婦が出荷作業

8/8 東の畑の白の安納芋の収穫終了。今年はなぜか安納芋らしくなくてがっかり。ジューシーで柔らかいはずが甘さはあるがホクホクしている。出荷するのをやめる。多分雨が少ないので水不足になったのではないだろうか。
イチジクの初収穫
8/9と8/10 中の田の草取り 息子夫婦も何度かしているが借りたところは余りにも雑草が生い茂っていたのでクサネムやヒエか粟を刈り取る。

8/11 南高の南の田の草取り。ここも新たに借りた田なので草が多い。

8/12 昨日小沢農園で買ったキャベツの苗と人参の種まき
DSCN3684.JPG人参の種を蒔いた

DSCN3685.JPGキャベツを植えた

8/13 白菜とレタスの種まき

8/15 西の畑赤い安納芋収穫 これも安納芋らしくなくて出荷見合わせ。がっかり。

息子夫婦がしばけい畑の土壌消毒(ここは昨年から借りて昨年は玉ねぎは一番たくさん収穫できた)

北の畑の土壌消毒の覆っていたビニールを取る。そのあとに鳩がたくさん舞い降りては何か食べている
DSCN3680.JPG

今年はじめてレモンが一つだけ実がついている
DSCN3678.JPG

私の好きな花(純白で無垢なイメージが好き)、高砂ユリがあちらこちらで咲いている
DSCN3687.JPG池の周り

イチジクの木のそば
DSCN3674.JPG

DSCN3676.JPG

店の前
DSCN3677.JPG

DSCN3693.JPG

フクちゃんメルちゃんのお墓前
DSCN3696.JPG

DSCN3694.JPG


すき家近くの畑(今年から借りた)
白ネギ
DSCN3691.JPG

金時豆の収穫も近い
DSCN3688.JPG

丹波黒豆と大納言小豆
DSCN3689.JPG

DSCN3690.JPG

8/22 いよいよ稲刈りの始まり
まず三角田100坪の稲刈り。ここはもち米を植えている
DSCN3709.JPG

店が忙しくて水遣りができなくて白菜、レタスの芽が出ていたが枯れたので種まきのやり直し

8/23 息子夫婦 玉ねぎの苗床作り
     中の田(ここは一番広くて2反600坪だから流石に広い)の稲刈り開始。北側の1反は新たに借りた。
DSCN3713.JPG

南隣Mさんの田は稲刈りが終わっている
DSCN3708.JPG

8/24  全員で玉ねぎ種まき
DSCN3723.JPG

DSCN3724.JPG

DSCN3725.JPG
種まきが終わって水撒き

DSCN3728.JPG孫も手伝い?

DSCN3729.JPG

種まき完成
DSCN3733.JPG

午後から稲刈り
途中コンバインのベルトが切れて稲刈り中断。近くのヤンマー農機具屋さんは同じサイズがなく東区まで電話で注文するが取り寄せということで結局稲刈りはこの日はできなくなった。
すぐ修理ができると思って軽トラの中で待っていたが残念。

DSCN3715.JPG

DSCN3716.JPG

DSCN3736.JPG中断中鳩が落ち穂を食べに来る

一斉に飛び立つ鳩
DSCN3739.JPG

 
8/25 人参とブロッコリー(箱巻き)の種まき 人参も水遣りがうまくいかなくて蒔きなおし。この時期の人参は難しい
コンバイン修理が直り稲刈り再開
DSCN3740.JPG
少し残してこの日は終わり

8/26 中の田の残りと東の田の稲刈り
コンバインが詰まったり乾燥機がつまったりなかなか順調にはいかない。無駄な時間が多い。
どれも中古だからかいろいろ問題が多い。でも息子はめげず一生懸命修理して直すから感心する。
コンピューターや電気関係、機械や農機具もなんでも修理して使えるようにするから我が息子ながら大したものだ。
DSCN3714.JPG

DSCN3717.JPG乾燥機へ籾を入れる

酔芙蓉
DSCN3742.JPG

DSCN3743.JPG

コスモスもだいぶ咲いてきた
DSCN3747.JPG

中の田の終了
DSCN3748.JPG

東の田も終わりが近い
台風10号の影響で天気が不安定。ひょっとして台風上陸ともなれば去年と同じで大変なことになる。
ひまを見ては何が何でも稲刈りをしないとと必死。
掛川ー静岡間は豪雨のために新幹線運転見合わせとラジオでは言っている
DSCN3749.JPG

DSCN3750.JPG
無事に稲刈りは終わっても乾燥機の調子が悪かったので焦って息子に後は任せて私は店に帰る。

8/28 西の田の稲刈り
今日は天気は快晴。夜雨の予報だったが幸いにも降らず(お店の方はザーッと一雨来ていたがY町は全然降らなかったようだ)田はぬかるむこともなく順調に稲刈りが進む

無事に終了した西の田
DSCN3754.JPG


8/29
これで全ての稲刈りが終わってやれやれ。去年より10日早い稲刈りだった。天気が良い日が続いたおかげで
しかも倍の作付面積なのに今年は収量も多いし作柄も上等と思う。
あとの米は息子が一人で乾燥から収蔵をやった

私は金時豆の収穫と処理を夜までやった
どうも蒔きどきを間違ったのか実が入ってない豆が結構あって原因がわからない。
実がさやにたっぷり入って木が枯れれば良いのに半分は失敗。むつかしいものだ。

センニンソウが咲き出した
DSCN3752.JPG

ウコンの花も咲きだした
DSCN3755.JPG

息子のがんばりには頭が下がる。もちろん嫁も私が作った野菜を美味しく料理してくれたり店と畑とよく頑張って協力してくれている。ありがたいことだ。


posted by 雲渓 at 23:33| Comment(0) | 農業日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

古希と農業日誌

5/17
昨夜山間部で大雨だったらしく浜松市南区はまあまあ降ったけど郊外である我が家の田んぼが冠水して、10日前に植えた稲も水に浸かって見えなくなった。
今朝見に行ったら水は道路まで来てどこがどこの田んぼかわからない状態。

DSCN2589.JPG

通りに面した田んぼ
DSCN2587.JPG

鯉を獲った用水も道路の高さまで水位が来て小さな土手で持っている状態。
亀が流されているので写真に撮ったけどわかりにくかった。
DSCN2586.JPG

5/12 南の畑に干ぴょうと粒の大きな落花生を植えた。
干ぴょう26株、落花生70株

5/13 普通の落花生70株植える
写真は左が干ぴょう、中が落花生、右の袋がかぶっているのがエビスかぼちゃ。
DSCN2577.JPG

芍薬もつぼみが全部咲いて庭やお店を彩ってくれた。
最後の芍薬
DSCN2580.JPG

睡蓮も咲いた。真っ白で清楚な感じ。
DSCN2582.JPG

5/15は私の誕生日。古希になった。
孫が当日の昼に京都の寄宿舎に帰るので前日に家族でお祝いしてくれた。
モンゴルの娘夫婦が大好物のチーズケーキを北海道のお店にネットで注文してくれ届いた。
Facebookのお友達や家族に祝っていただき無事に古希を迎えることができて最高の幸せだが家内がいたらもっと幸せ。
古希の祝いは娘夫婦が帰国した時にしてくれることになっている。幸せ者の私だ。家族のみんなに長生きしてと言われるので次の目標は喜寿。健康で元気に迎えたい。
posted by 雲渓 at 11:12| Comment(0) | 農業日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

秋ですね

今日(10/01木)午前中は息子と玉ねぎの植え付け
その前に中秋の名月と秋の味覚
9/27は中秋の名月

Facebookやミクシーにも多くの人が賑やかに投稿されていたけど(実は私もFacebookにその一人(笑))前日までのと言うか午前中までの天気と打って変わって夜空は雲一つない満天の星。でも月の明りに星たちも遠慮していた。このところ就寝前の歯磨きで夜空を見上げるけどこれほどスッキリ晴れた日はあまり無かったような気がする。
DSC00337.jpg

DSC00338 1.jpg

DSC003391.jpg

DSC003411.jpg
最大拡大して撮った満月。月の山(左端のすみ)やクレーターもシャープではないがよく見える。

そして明くる晩はスーパームーンといって楕円形に地球のまわりを回っている月が一番近くを通る月のことを言うらしい。3月が一番遠くこの日が一番近いらしい。
3月の満月の1.14倍と言っていた。
でも比較しないと昨日の満月もスーパームーンも3月の満月もよく分からない。でも秋は空気も澄んで明るくはっきり見えるのは間違いない。


雲が出ていてそれもまた風情があるかな。
DSC00346.jpg

DSC00342.jpg

DSC00348.jpg

雲からぽっかり顔を出したスーパームーン
DSC00344.jpg

DSC00358.jpg

お月見にはススキ。Y町の小さい方の田んぼの用水路の土手にたくさん咲いているのを、宴会用に飾るので息子に頼まれて取ってきた。
DSCN0573.jpg


秋は天高く馬肥ゆる秋というから味覚の秋を実感する。
DSCN0576.jpg
これらの中で我が家で採れてないものが二つある。さてどれでしょう?
梨とぶどうです。梨は娘達が埼玉の三郷にいるときに可愛がってくれたパパさんから送ってきた。
ぶどうはY町の南隣のMさんからどっさり頂いた。そのほんの一部。

あとは全部我が家で採れた物
次郎柿、いちじく、清見みかん、さつま芋(これはどっさり。出荷した残りもどっさり。)

栗は先週山中湖に行った時にKさんが小山町の「すばしり道の駅」で買ってくれた。
DSCN0579.jpg
もち米を炊いて栗ご飯にするつもり

イチジクのコンポート
DSCN0580.jpg
たくさん取れるので赤ワインとお砂糖で2時間ほどじっくり煮て作る。
2回に渡って作った

玉ねぎの植え付け開始

今年は昨年より2週間早い植え付け。それだけ早く出荷ができるはず。
玉ねぎの苗床から植えるのに適した大きさを選んで抜いて植え付ける。

苗を採取。これが結構重労働。3日間で4500本採取。腰が痛くなる。でもほんの序の口。
何万本も5枚の畑用に採取する予定。

昨年は密集して種を蒔いたので生育が悪かったが、今年は苗床も広くして昨年より密に蒔いてないから生育が良い。今日は一度も採ってないところから採取。5枚の苗床で手頃なのを採取してももう採取した苗床からも成長して明日は2回転目。
大変順調だ。やはり昨年は初年度で苦労をしたから今年は反省するところは勉強できてまあまあ今のところ良いのではないか。

先週9/22の苗床
DSCN0467.jpg

DSCN0466.jpg

28日にトラクターにて3度目の耕し。
DSCN0558.jpg

DSCN0559.jpg

そのあと畝を作るためのすじを機械で作っていく
DSCN0561.jpg


そして9/29からそのすじの上に肥料を乗せて行き、機械で白いマルチ(保温のためのビニールがけ)をかけながら畝を作っていく。
それらは全部息子の仕事
DSCN0562.jpg

そして私たちが1本1本植えていく
DSCN0563.jpg
一日目の植え付け終了

昨日も二畝、今日は定休日なのではかどるかと思ったが11時頃から本格的な雨で二畝で終了。

結局3日間で6畝4500本以上植えたことになる。

DSCN0569.jpg

DSCN0570.jpg

お風呂に入ってランチを食べて帰宅。外は本降りの雨で台風並みの低気圧が日本海を進むのでこれから風雨が強くなるらしい。家でのんびりゆっくりしている。
posted by 雲渓 at 16:29| Comment(0) | 農業日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする