2014年04月12日

エクシブ琵琶湖とエクシブ白浜(吉野山花見)

4月9日から4月11日までエクシブ琵琶湖とエクシブ白浜に泊まって紀伊半島一周の旅に出かけた。
メンバーはいつものメンバーのうち一人が都合が悪くて入れ替わって初めての女性が加わった。オーナーのMさんのお友達と言っていた。

今回の主な目的は吉野の花見。一か月前から日取りを決めて予約をしているから当日吉野の花が咲いてくれるかが気がかり。何しろ今年は異常に寒くて花の開花が気になるところ。ネットで現在の開花状況を調べてはやきもき。しかし一週間前から希望が見えてきた。

ということで我が家に集合して出発

一日目4/9(近江八幡、安土城、彦根城、エクシブ琵琶湖)

東名に入り養老SAで休憩したところ桜が満開でしばしの花見。
DSC06337.jpgDSC06338.jpg

名神彦根ICで下りる。
メンバーでお腹のすいたということで昼ごはんを食べるが近江牛のチェーン店へ入るが期待はずれでがっかりする。
先ずはMさんの要望で近江八幡へ行くことにする。私は何度も来ているが何しろ我が家のルーツの町だから何度行っても好きな街だ。
R8だと通行量が多く混んでいるので旅慣れたSさんの口頭ナビで琵琶湖沿いの道を南下する。ここらは桜があちらこちら咲いて目を楽しませてくれる。

途中安土城跡があったので帰りに寄ることにして近江八幡へ到着。パーキングに止めて歩き出す。
商人の町並みを見ながら八幡堀へやって来た。柳が綺麗なところだが今日は桜が見事に咲いている。相変わらず観光客が多い。
DSC06345.jpgDSC06355.jpg婚礼前撮影をしていた。

そして水郷を船頭さんの手漕ぎ船でのどかに巡る。
一人2080円だったがなかなか乗りでのある船巡りだった

DSC06369.jpg

DSC06381.jpg

DSC06385.jpg

DSC06388.jpg
TVや写真でお馴染みの菜の花と桜の所では橋の上からカメラマンが並んでカメラを構えられたのには恥ずかしいし驚いた。

ヨシの繁るのどかな水郷に春の陽気が降り注ぎ気持ちまでもが暖かくなる。
DSC06391.jpg

DSC06413.jpg

水鳥もあちらこちらで姿を見せてくれる。
DSC06402.jpg

DSC06405.jpg

一周1時間ほどの船巡りを楽しんで近江八幡をあとにする。来た道をUターンして安土城へ。
いきなりすごい急な石段が続き往時の武者たちの体力を今更ながら知る。MさんとSさんは足が弱いので私たち男性陣と初めて参加のNさんが天守を目指して登る。

振り返った石段DSC06426.jpg

天守跡DSC06434.jpgここからの展望が素晴らしい。写真に撮るが春霞に霞んで撮れたので載せない

下山は途中から来た道と違って三重塔や立派な山門があった。
DSC06457.jpg

DSC06462.jpg

最初の石段に来て上を見たところ。
DSC06465.jpg

DSC06466.jpg

二人は申し訳ないがおとなしく待ってくれていた。そして彦根城へ向かう。
彦根の街に入るとどこからでも見えるような立派なお城。国宝になっている。以前秋に来て季節はずれの桜を写真に撮ったことがある。
DSC06481.jpg

DSC06484.jpg

DSC06490.jpg

DSC06497.jpg

DSC06498.jpg

DSC06470.jpg

夕御飯を城下の夢京橋キャッスルロード、比内地鶏のお店で食べてる。なぜか私はきりたんぽ鍋を注文。本格的なきりたんぽ鍋は初めてで美味しかった。彦根に秋田のお店も不思議だがメンバーもそれぞれ頼んで満足していたようだ。

お腹も満腹になってライトアップの夜桜見物へ。三脚がなくても撮れて良かった。
DSC06516.jpg

そしていよいよエクシブ琵琶湖へ。湖のほとりの豪華なホテル。
チェクインをしてお風呂に入りビールで乾杯して一日目は終わり私はバタンキュー。

二日目4/10(吉野山、エクシブ白浜)
目が覚めて琵琶湖を見るとモヤってかすんでいる。

DSC06520.jpg

DSC06526.jpg

DSC06528.jpgエクシブのロビー

朝風呂に入り吉野まで遠いから早めの朝食をとる。今日はいつものようにバイキング。
チェックアウトをして8時半に出発。車は名神から京滋バイパス、第二京阪道、近畿道、南阪奈道とカーナビ任せで楽に走る。吉野に近くなって道の駅でトイレタイムとお弁当を購入。観光バスやマイカーでごった返してこれからを想像すると恐ろしい程。

吉野の花見は大阪にいる時の修業中時代に店の慰安旅行の花見に貸切バスで来たことがある。あの時は若いから花より女性と思い出しても恥ずかしいことをしてしまった苦い思い出のあるところ。

天気は最高だし情報だとお花も下千本は満開、中千本までかなり咲いているらしい。人もわんさと押しかけるはずだ。途中から車もあまり進まなくなった。

いよいよ吉野山に到着すれども駐車場はどこも満車で係りの誘導のまま下千本から中千本、上千本まで来るとさすがに心細くなってくる。もうこのまま桜に出会えないのではないかと焦ってくる。みんなは車中でお弁当を食べるが私はずっと運転なので食べることもできない。奥千本に来ても駐車するところはない。周回道路らしく歩く人はいっぱい。下から歩いてきているのだろうか。
下山になって茶店の展望所が有り強引にそこへ入る。20台ほどの車がひしめいている。すぐ近くの展望所から眼下を見るとTVや写真、ポスターで見かけるお馴染みの光景が広がっている。
素晴らしいの一言。
DSC06538.jpg

DSC06534.jpg

車をそこから出ようにも大変だがなんとか無事に脱出。そこで何かを買おうとしてもそれどころではない。
とんでもない人出と車の数。
ノソリノソリと下山しながら車を運転。下に来ると見事な桜を至るところで見ることができた。駐車せずとも
一方通行の狭い道で皆もゆっくり降りているから停めては写真に収める。大変な人だからはねないように気をつけながらゆっくり下りメンバーあまりに素晴らしい桜に興奮気味。
これは全国から人が来るわけだ。
日本三大桜、根尾の薄墨桜、福島の滝桜、吉野の桜と言われる所以だ。滝桜は昨年行って感動した。薄墨桜はまだ行ってないがここも盛りにはすごい人出らしい。高遠の花も毎年行ってもすごいと思うがなんだか規模が違う。やはり見てみなければわからないものだ。

DSC06553.jpg

DSC06554.jpg

DSC06563.jpg

DSC06566.jpg

DSC06570.jpg

DSC06579.jpg金峰山寺方面。

今度は下に車を止めて上まで歩きたいと思った。
帰りも車が混んでいたがなんとか脱出。来た道を近畿道の美原JCTまで来て阪和道に入りひたすら白浜を目指す。高速道路がずっと整備されて順調だ。

私は22才頃だったと思うがまだ修業中、店のみんなを乗せてすさみまで釣りに来たことがる。もう50年ほど前だから夜中に出て道が今のように整備されていなく大変だった。おまけに事故を起こして借りた人の車をパーにしてしまった。苦い経験だ。

夕方になって白浜にもあとわずか、田辺で食事をとった。港のそばで丸長という大きな良心的な店に出会えた。
DSC06590.jpg

DSC06593.jpg
私が注文した鯖の押し寿司とこの辺の海藻と桜鯛のしゃぶしゃぶ
鯖の押し寿司2個食べてから写真を撮るのに気がつく

みんなもそれぞれ自分好みのものを注文
DSC06594.jpg
DSC06596.jpg

DSC06592.jpg

店から夕日が沈む浜が見える
DSC06602.jpg

DSC06604.jpg

DSC06606.jpg
帰るときは奥さんが見送ってくれた。
DSC06581.jpg庭に咲いていた花

そこから10分ほどでエクシブ白浜へ到着。
長い旅だったので温泉に入って乾杯してバタンキュー。

3日目4/11(紀伊半島の海岸線と帰宅)

エクシブから見る朝の景色。来た時は夜だったから景色はわからなかったが明るくなってみれば素晴らしいロケーション。
目の前に飛行場と海が広がる
DSC06612.jpg

DSC06614.jpg

近くに遊園地があり望遠でラクダもいた。
DSC06621.jpg

DSC06628.jpg

DSC06630.jpg
入らなかったがパンダもいるらしい。

今日の朝食は和食。DSC06638.jpg

ラウンジにいたら飛行機が飛んできた。DSC06639.jpg

DSC06642.jpg

今日も帰りは遠いので早めに出発。8時にチェックアウトして9時に出発。
まず円月島を車から撮影
DSC06643.jpg
夕日か朝日が真ん中の円から覗く写真を見たことがある人も多いだろう。

そして千畳敷DSC06646.jpg

次は三段壁DSC06652.jpg

DSC06653.jpg
ここはエレベーターで下まで降りて洞窟を見ることができるらしい。私たちは展望所から見ただけ。中国からの観光客も大勢来ていた。

とにかく車を走らせていれば岩礁帯がいたるところに有り目を楽しませてくれる。
DSC06656.jpg

恋人岬から見た岩礁帯DSC06662.jpg

DSC06669.jpg

50kmほど走って潮岬に到着DSC06677.jpg

DSC06678.jpg

DSC06679.jpg

DSC06680.jpg

DSC06682.jpg

DSC06685.jpg
本州最南端で記念撮影
そこのお店で昼食DSC06694.jpg
私は鯨丼があったので注文。皆さんもそれぞれ好きなものを注文。
DSC06688.jpg鯨丼

グレ丼DSC06693.jpg

しばらく車を走らせるとは橋杭岩へやって来た。有名な景勝地。
実に素晴らしい景色だった。
DSC06697.jpg

DSC06698.jpg

DSC06699.jpg

DSC06704.jpg

DSC06705.jpg

DSC06706.jpg

DSC06707.jpg

そして有名な鯨の町太地町。
入口には大きな鯨がお出迎え。
DSC06773.jpgDSC06712.jpg

中は鯨に関することがたくさん展示。
DSC06717.jpg

DSC06718.jpg

DSC06723.jpg

15分後に外で鯨ショーが始まるというので待つ。イルカショーのようなものだが鯨をよく仕込んだものだ。DSC06727.jpg

DSC06736.jpg

DSC06747.jpg

DSC06750.jpg

DSC06750.jpg

DSC06760.jpg

DSC06767.jpg
可愛いクジラたちを間近に見れて大変良かった。
可愛い鯨をこういうふうにショーで見せるかと思えばあちらこちらで商業捕鯨という目的で捕獲する。なんだか矛盾しているようだがどうだろう?
私は鯨が好きで食べたいし、最近は捕獲しないから世界の海で鯨が大繁殖している現実。だから世界の魚が鯨に食べられて減る現実。でもホエールウオッチングで鯨をTvで見ると可愛いなあと思うし難しい問題だ。

西洋人は世界中の鯨を油を取るだけの目的で捕鯨をしていたくせに今では鯨を捕るなとうるさい。日本に牛肉などを輸出できなくなる裏の事情が見え見え。ある程度保護もしながら捕獲も必要ではないだろうか。

鹿や猿が保護して畑の作物などを荒らしまくっている。これも保護が行き過ぎた結果だと思う。皆さんはどう思うだろうか。

Tさんが那智の滝が見たいというので寄る。3時すぎなのに車がここもいっぱい。車の中から見ておしまい。
あとは浜松に向かって帰るだけ。尾鷲から高速道路もできて随分楽になった。

伊勢湾岸道では強風にあおられそうになって緊張したが豊田JCTからは自分の庭のようなもの。無事に8時半頃到着できて解散。楽しい素晴らしい紀伊半島一周の旅は終了した。









jd
posted by 雲渓 at 15:53| Comment(1) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
Posted by 株式の初心者 at 2014年08月05日 04:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]