2017年07月13日

浜松市美術館・アートたけし展と春野町・石猫晴れるや工房へ

午前中9時頃までは降ったり止んだりだったが、雨が止んでKさんと浜松市美術館・アートたけし展と春野町・石猫晴れるや工房へ行ってきた。

まずナビに電話番号で「石猫晴れるや工房」をセットするが残念ながら入力できないので電話して場所を聞いて春野町まで走る。前も行きたかったがそのときは糸魚川まで石を拾いに行くから留守とつれない返事。そしてのびのびとなって今日になった次第。

石猫とはその名のとおり石に猫の絵を描くアート。夕方のNHKたっぷり静岡で紹介されたり、春野町のお蕎麦屋さん「百古里庵」の女将さんがFacebookで教えてくれたので知ったのだがその素晴らしさにぜひ実物を見てみたいと思い行く機会を待っていた。

R362を随分走って山住神社方面に左折して800m程のところに工房がある。ここはあくまでも工房で展示場ではないから見ることはできないらしいが南区の外れから来てくれるならばどうぞと言ってくれた。無理にお願いした次第。

前は浜松市中区にお住まいだったが何年か前にこちらに越してきて工房を構えたらしい。
奥さんが外に出て待っててくれた。玄関から猫ちゃんたちがお出迎え。

DSCN6363.JPG

DSCN6364.JPG

DSCN6365.JPG

そして沢山の作品をテーブルに飾ってくれていた。
DSCN6366.JPG

DSCN6369.JPG

DSCN6368.JPG

DSCN6367.JPG

DSCN6372.JPG

DSCN6371.JPG

私はお気に入りのニャンコを見つけて買うことに決めた。値段も手頃で1万円。9000円にしてくれた。
DSCN6381.JPG

そして浜松市美術館へ向かう。その前に道の駅でお食事。

http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/artmuse/tenrankai0917.html#at

写真撮影禁止だがここは良かったので撮ってもらう。
DSCN6375.JPG

皆さんの投稿欄。
たけしの人気ぶりがうかがえる

DSCN6379.JPG

DSCN6378.JPG

DSCN6380.JPG

アートたけし展は期待しなかったが、どっこいなんでも見てみる接してみなければ理解できないものだ。息子など「こんな絵子供でも描けるは」とポスターを見て馬鹿にしていたがピカソもびっくりさすが「天才たけし」。
私はたけしのTVなど当時は嫌いで、「天才たけしの元気が出るテレビ」、「風雲たけし城」、「おれたちひょうきん族」などなど子供等が見てるからチラっと見るぐらいで見たくもなかった。

でもいつの間にか好きになってNHKドラマ「たけし君ハーイ」やTVタックルは必ず見ていた。たけしの家庭の医学やアンビリバボーなどもたまに見る。
映画は強烈でTVで放送されたのはだいたい見てる。
こんなに忙しいたけしがよくこんな絵を描く暇があって素晴らしい作品を残したものだと感心した。
是非まだ見てない方はどうぞ見に行ってください。見てみないことには話にならない。

今日は農業の師匠のお通夜。息子が行っている。
実は昨日突然亡くなったと知らせを受けて驚いたところ。とても悲しい。
師匠がいなかったら我が家の農業はなかったかも知れない。2年弱息子が師匠のもとで稲作、玉ねぎ、白ネギ、さつま芋と研修をして今がある。
おかげさまで換金作物を作ることができ、ただ2000坪の農地を手に入れただけでなくそれを生かすことができ、1000坪ほど借りて田んぼ4反を入れて3000坪を耕作するほどになった。感謝してもしきれないほど。
まだ65歳という若さで亡くなるとは本当に無念だっただろう。心よりお悔やみ申し上げます。
家内も65歳で亡くなったけどガンは無常にも早い命を奪ってしまう。合掌

ところで
今月16日から2週間ほどスイスへ行ってきます。娘夫婦がいるうちに何度か行こうと思っています。しばらく投稿はできないです。
posted by 雲渓 at 18:51| Comment(0) | 美術館へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

諏訪市のハーモ美術館と北アルプス国際芸術祭へ

昨日は(7/06木)諏訪市のハーモ美術館と北アルプス国際芸術祭へ行った

と言うのはミクシーのマイミク「やっちゃん」様が諏訪市にあるハーモ美術館に行かれて「平野喜久子の版画展が素晴らしいから是非行ってみてください」と日記に書かれていたので詳しく知りたいと検索したら作者のお姉さんは浜松にお住まいで少なからずご縁があるから行くことにした。

先日の木曽地方(御岳山)の地震で信州の古い別荘の我が家が心配だから行こうか迷っていたら、NHK日曜美術館のアートシーンで「北アルプス国際芸術祭」を紹介していた。

それならば諏訪湖畔のハーモ美術館を見たあとに北アルプス国際芸術祭へ行けばちょうど良いと出かけることにした。

夜が白み始めた4時に起きて4時半に家を出る。いつものように東名から東海環状、中央道と走って駒ケ岳SAで朝食。駒ヶ根で下りて我が家へ。

先週も東海環状の瀬戸品野で下り瀬戸市美術館に行ったばかりなのにご苦労なことですと自分で思う。

わが家はどこもなんともなかった。スイスの娘が4年前に海外生活が始まって夫婦の荷物を置いてるから地震が心配でメールが来たから一応行って確認したので一安心。帰宅して娘にその旨言ったら本当に行ってくれたんだと驚いていた。

そして杖突峠を超えてハーモ美術館へ。諏訪湖周辺の美術館は家内が健在の時にほとんど行っていると思っていたがハーモ美術館は未だだった。

今回は北アルプス国際芸術祭がメインだから一通り鑑賞してすぐ退館するつもりだった。ところが学芸員の方が「平野貴久子版画展」を企画された主催者の浦野尚子さんにこっそり電話で連絡をしてくれて近くの?自宅から来ていただいてじっくり説明をしてくれたのだった。

私は恐縮したが説明を伺うと、なるほど、この作品がどうしてこんなに悲しくなるほどに心に染みてこみ上げるような気分になるのかと納得した。
DSCN6225.JPG

DSCN6226.JPG

DSCN6230.JPG


また私が高校を卒業した当時の東京の風景が、いま放送中の朝ドラ「ひよっこ」と同時代を共有している思いが忍ばれる。何故か懐かしい風景。
DSCN6223.JPG

DSCN6221.JPG

また千葉の漁港などの風景もありきたりでなく力強いタッチで彫り上げられている。全てがダイナミックな力強い作品ばかりで感動した。

DSCN6228.JPG

DSCN6224.JPG


芸大を出てわずか4年間の制作でこれほど心にしみる素晴らしい作品が生み出されるとは。これはぜひもっともっと評価されても良いのではないだろうか。惜しいのは会期が7/09までとなっているので本当にわずかしか残ってない。また巡回されてどこかで展覧会が開かれることを切に望む。

帰りに主催者がご一緒に写真でもと仰られたから学芸員さんに撮っていただいてツーショット。
DSCN6232.jpg

主催者の浦野尚子さんと学芸員の皆さんご親切な応対に感謝してお別れした。
浦野さんそしてマイミクのやっちゃんさんありがとうございました。

次は「北アルプス国際芸術祭」が開催されている大町市へ
岡谷ICから長野道へ。安曇野ICで下りオリンピック街道を北上。大町市JR大町駅前の広い駐車場に車を置いて駅前の「北アルプス国際芸術祭」案内所へ。
全て見ることができるチケットを購入。
前もって私が行きたいところを10箇所ほどチェックしていたので地図でその地点を係りの方が丸で囲んでくれていざ出発。大変親切でこの芸術祭の盛り立て役に一役買ってられると思った。

まず東山エリアへ。鷹狩山をナビでセット。3つほど作品がある。それも一番のお目当ての布施知子さんの折り紙の部屋がある。

駐車場に車を置いたらびっくりするほどの急な階段。
DSCN6234.JPG

下りて来てすれ違う時に元気に挨拶されたご婦人たちに聞いたら296段あるそうだ。
頑張って登る。
途中右に回って歩くと見学している人達が居る。木の枝を編んだようなオブジェ。よく見ると台風のように回転している。「風の始まり」という題。なかなか面白い。
DSCN6244.JPG

DSCN6237.JPG

DSCN6239.JPG

DSCN6243.JPG

DSCN6242.JPG

次は鷹狩山頂へ
馬の像があった
DSCN6245.JPG

山頂は絶景ポイント。天気が良ければ北アルプスが一望のもとに見れる。
安曇野の街や大町の向こうに北アルプス
良いところを知った。
DSCN6246.JPG

DSCN6248.JPG

DSCN6247.JPG

展望台もある

すぐ近くに「目」という展示場
DSCN6251.JPG

靴をスリッパに履き替え中へ
アートシーンでもやっていた目から見た北アルプスや安曇野
DSCN6254.JPG

DSCN6255.JPG

DSCN6256.JPG

内部
DSCN6258.JPG

DSCN6261.JPG

DSCN6262.JPG

次は一番見たいところへ。
布施知子さんの折り紙の部屋。2階のそこは残念ながら撮影禁止。
素晴らしすぎて感動するのに皆さんにお見せできないのが本当に残念。
1階にて
DSCN6263.JPG

DSCN6264.JPG

帰りに駐車場まで道に迷った
鷹狩山頂周辺は散策路にもなっていて花も多いらしい
DSCN6250.JPG

DSCN6249.JPG

その時途中で見つけた花
ササユリとウツボグサ
DSCN6267.JPG

DSCN6266.JPG

DSCN6269.JPG


次は車で移動
34番 フェリーチェ・ヴァリーニの作品
随分田舎にある。車を置いてかなり歩く
言われたとおりその場所まで行って振り向くと作品が
DSCN6271.JPG

DSCN6272.JPG大変ユニーク 来た甲斐がある

DSCN6273.JPG近くからだとなんだろな?

歩いてる途中の花
DSCN6275.JPG

DSCN6277.JPG

道路からも見えた
DSCN6278.JPG

33番へ
ニコライ・ボリスキー
竹のオブジェ
DSCN6279.JPG

DSCN6282.JPG

DSCN6281.JPG

DSCN6280.JPG

点在して不便なのにどこにも人が来ているからすごい
DSCN6288.JPG

DSCN6289.JPG

DSCN6290.JPG

山と雲と青い空との組み合わせが面白い。
作るのは大変だと思う
DSCN6291.JPG

DSCN6293.JPG

DSCN6292.JPG大迫力

5箇所のこれで私の一番行きたいところはだいたい見れた。
あとはおまけ
というと失礼だが
駅前に戻って昼食と思ったが2時を回っていたので準備中になっていた。
構内の待合所で鴨そばを食べる
そして次へ
大町温泉郷周辺「源流エリア」へ
16番 宮の森自然園
樹上から水が落ちる
DSCN6302.JPG

DSCN6305.JPG

17番 大出ホタルの里 私には理解できなかった
DSCN6298.JPG

DSCN6299.JPG

作品に行くまでに見た車の墓場
これも作品?
DSCN6295.JPG

DSCN6296.JPG

DSCN6297.JPG

次は大町エネルギー博物館へ
11番 土で書かれた絵
DSCN6306.JPG

なかなか面白い
DSCN6315.JPG

DSCN6314.JPG

DSCN6316.JPG

次は心笑館こまどりの湯内
龍の絵
DSCN6327.JPG

DSCN6323.JPG

DSCN6328.JPG

大作が並んでいる
ウロコがたくさん描かれているのが白井忠俊さんの蛇を大筒で描いた作品に少し似ていると思った。
DSCN6331.JPG

DSCN6330.JPG

二階に上がる
日本中のそこで取れた土を並べた日本列島
DSCN6333.JPG

DSCN6334.JPG

DSCN6335.JPG
これらは少し似ているのでどこかで見た記憶がある。富士山周辺の博物館だったような気がする

次は大町ダムの龍神湖を見下ろす展望台にある14番 龍(たつ)
DSCN6338.JPG
龍の目のつもりかな?大きな目で見下ろすのも気持ち良いだろう

そして帰途に着く途中に15番 仏崎観音寺前にあるアーチから水が吹き出るオブジェ
定期的に水が吹き出る
DSCN6342.JPG

DSCN6343.JPG 

DSCN6348.JPG

DSCN6349.JPG

DSCN6350.JPG

DSCN6351.JPG

これで私が見た全て終了。まだ街中やいろいろのところにあるようだがこれにて帰宅
食事をして走っていたら眠くなって鞍ガ池PAで仮眠。目が覚めたら10時を回っていた。

最近の我が家の出来事

6/27 サボテンの一種?
DSCN6098.JPG

6/30 ギボウシも咲いてきた
DSCN6178.JPG

DSCN6180.JPG

DSCN6179.JPG

我が家の畑にキジの夫婦がいた。
時々キジの鳴き声が聞こえていたがまさか家に囲まれたY町の畑にキジが出没するとは嬉しくなった。
DSCN6185.JPG

DSCN6188.JPG

DSCN6190.JPG

DSCN6189.JPG

キジのあしあと
DSCN6191.JPG

DSCN6194.JPG

スイカの畑に入った
DSCN6195.JPG

蓮を鉢に植え替える
DSCN6198.JPG
左が今年不忍池で拾った種から芽が出たハス

DSCN6199.JPG
一昨年奈良の生蓮寺さんから送ってきた蓮の種からのハス
今年こそ咲いて欲しい

息子が掘って作ったレンコン畑
DSCN6203.JPG

7/01 
息子が新たに3棟目のハウスを組み立てている
DSCN6205.JPG

2棟目のハウス内にはアスパラガスがすくすく育っている
DSCN6207.JPG

軽トラの荷台に買い物から帰って置いてたらカラスにやられた
DSCN6209.JPGスイスに持っていくラーメンの一部

7/02 
ユリが咲いてきた
DSCN6215.JPG

DSCN6216.JPG

7/03 スイカ2個初収穫

追記
やっちゃん様とはマイミクの初ぽんさんを通じてmixi句会で知り合いました。岡崎等に吟行を3度ほどご一緒させていただいてましたが初ぽんさんがmixiを退会して私も家内が亡くなってmixiへの投稿もしなくなり、それ以来あまり交流はなかったですが久しぶりに投稿されてて懐かしくなりました。
ちなみに初ポンさんは未だに俳句以外でお付き合いが続いていまして、来店していただいたり我が家のお米を買ってくれたりしています。一昨日もお米と野菜を届けたばかりです。

今回の主催者の浦野尚子さんは千葉の古本屋でゴーギャンの本を手に取ったら線が引いてあったり、書き込みがあり住所名前がかいてあったので、とてもひかれて 平野家に連絡してくださったのが、始まりとか。ここまで知らない方が感動してくださって、個展を企画してくださるなんて夢みたいです。

と、やっちゃんさんは紹介されていました。
この美術館にこのような企画をされて無料で鑑賞することができるとはおどろきです。資金だって結構かかることと思います。ハーモ美術館の他の作品もたくさんありますがそれはもちろん有料です。今回は他へ行かなければいけないから平野貴久子さんの版画だけを鑑賞させていただきました。
浦野尚子さん。本当にありがとうございました。


posted by 雲渓 at 18:50| Comment(0) | 美術館と農業日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする