2016年10月20日

久しぶりのお休みは静岡県立美術館と市立美術館へ

毎日玉ねぎの植え付けでお休みも返上して忙しかったので遊びに行けなかった。
久しぶりの定休日で会期が迫ってきた静岡県立美術館と市立美術館へKさんと行く事にした。

その前にKさんが浴衣が出来たよと連絡があったのでKさんのお宅で試着した。素晴らしい出来栄え。
Kさんは2年ほど前から和裁教室に行っていて「私用の浴衣地を買ったので作る」と言っていたが、今年の夏に間に合わせるはずだったのが都合でできなくて今回出来上がって着てみた。帯は持参しなかった。
Kさんに撮ってもらった。
DSCN3885.jpg

そして美術館へ。でもせっかく富士山が見えているので薩た峠に行くことにした。
TVや写真でお馴染みの薩た峠だが初めて。途中灯りの博物館があったので寄ってみる。
DSCN3899.JPG外観

ランプや行灯など昔の灯りから現代までたくさん展示していてびっくりした。今は亡きここのご主人が収集したらしい。
DSCN3909.JPG亡きご主人が本に著す

浮世絵も収集していて大福帳に載せている。
DSCN3913.JPG

DSCN3914.JPG

火打石の説明など奥さんがしてくれて実演してくれたり大変見応えがあった。
火打金と火打石をぶつけて火花を飛ばせる。
DSCN3887.JPG

火花が炭に引火して
DSCN3891.JPG

薄い木に火をつける
DSCN3890.JPG

映画やドラマでお馴染みの火を起こすシーンだが実際に見るのは初めてで昔の人はすごいものを発明したものだと感心する。
私も体験させてもらうが難しくて火花が全然でなかった。奥さんだと簡単にできるのに不思議なものだ。
とにかく体験できて嬉しかった。

そして車が一台ようやく通れる狭い道を登り薩た峠へ到着。10台ほどがとまれる駐車所がある。
車を降りて富士山の写真を撮る。
DSCN3900.JPG

東名や国道などが下を走って駿河湾の向こうに富士山が見える展望所はどこだろうとしばらく歩くと展望所があってお馴染みの景色が見ることができた。
名古屋から30名ほどの団体さんがハイキングの格好で来ていた。
DSCN3905.JPG

そして静岡県立美術館と市立美術館へ

まずお昼ご飯を食べて市立美術館へ。ランス美術館展が開催されていて有名画家などの名画を鑑賞。
中でも素晴らしかったのはレオナール藤田の作品群と藤田が建立した「平和の聖母礼拝堂」内の壁画やステンドグラスなどの晩年でありながら余りにもすごい作品に感銘を受けた。

会期が迫る中鑑賞できて大変良かった。
静岡県立美術館は徳川の平和250年の美と叡智展。
DSCN3911.JPG
狩野探幽などの狩野派の絵画や若冲、英一蝶、池大雅、与謝蕪村、渡辺崋山などなどの素晴らしい作品を鑑賞できて感激。いろんな美術館で接したことのある作品もたくさんあったが目の保養になった。

久しぶりの美術館巡り。有意義な一日だった。道中どこに行っても金木犀が香りを漂わせて秋をますます実感する。特に静岡県立美術館の駐車場から歩く並木にいっぱい植わって良い香りだった。

農業日誌
9/30からいよいよ玉ねぎの植え付け開始。
まず東の畑に2列から
DSCN3830.JPG

わが家の畑や庭では酔芙蓉や百日紅、コスモスなどの花が咲き競う
DSCN3845.JPG

DSCN3844.JPG

DSCN3837.JPG

DSCN3838.JPG

DSCN3836.JPG

DSCN3839.JPG菊芋

DSCN3841.JPG鬼柚子

10/6 東の畑終了
6日間かけて約24000本
DSCN3850.JPG

10/07 ギャラリー紫苑にて直虎の版画購入
DSCN3853.JPG

DSCN3854.JPG

10/10
息子と嫁の合同誕生会

10/11 しばけい畑終了(借地)
約22000本
DSCN3862.JPG

DSCN3863.JPG

10/12 南の畑終了
約8300本
DSCN3874.JPG

10/14 西の畑終了
約11000本
DSCN3866.JPG

DSCN3867.JPG

DSCN3868.JPG西の畑の長芋に着いたむかご収穫


10/16 北の畑苗床総採り始まる
DSCN3872.JPG

DSCN3871.JPG

DSCN3869.JPG

DSCN3870.JPG

10/18 すき家近くの畑(借地)終了
約8000本
丹波黒豆と大納言小豆がまだ全部収穫できないのでその部分は何時になるかわからない。
DSCN3918.JPG

西側に白ネギ(長ネギ)を植えているが白くなって調子が悪い。12月末の収穫までに綺麗になって欲しい。
DSCN3920.JPG

白ネギと玉ねぎの間には秋植えジャガイモが芽が出ている
DSCN3921.JPG

DSCN3919.JPG


10/20 北の畑終了 苗を総取りしたあとに玉ねぎを植えた
約8000本
DSCN3877.JPG

DSCN3876.JPG

DSCN3917.JPG

というわけで玉ねぎの植え付けが無事にほぼ終了(アーリーレッドという赤玉ねぎはまだ)
やれやれホッとしたところ

今のところ合計 約81300本
昨年より多い

その間落花生収穫終了、丹波黒豆の枝豆、大納言小豆、里芋などを必要に応じて収穫している。
特に丹波黒豆の枝豆の美味さは格別。

新米も一等米とJAに認定されて丹精込めて作った息子は喜んでいる。4反2000kg程の収穫。
posted by 雲渓 at 21:23| Comment(0) | 美術館と農業日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする