2017年04月27日

全国お菓子博覧会伊勢へ

今日は(4/27木)全国菓子博へKさんと行ってきた。

菓子博が開催されているというのは一昨日の中日新聞と昨日のNHKのニュースを見て初めて知った。4年に1回の菓子博で第27回目だそうだ。
期間は5/14までと言うので来月に入ったら行けないので今日しかないということでKさんを誘った。Kさんも知らなかったようだ。
伊勢のサンアリーナで開催されている。そこはお伊勢参りをする時にキャンバスで鳥羽から伊勢神宮に行く途中寄って行くから知っていた。
7時前に家を出て伊良湖のフェリー乗り場へ。8時10分発には間に合わなかったので9時30分まで待った。

フェリーもバスもいつも初詣で行く時よりも随分混んでいるので到着してびっくり。人、人、人でいっぱい。
DSCN4297.JPG

ずらっと並んでいるからなんのコーナーかと思ったら「全国お菓子夢の市」と言って全国のお菓子を販売しているところらしい。

私たちはとりあえずメインアリーナに入ってお菓子のテーマ館に行った。
そこも人でいっぱいだが並んで入ることもなかった。でも展示物の前は人でいっぱい。
そしてお菓子で作られた工芸品にはただただびっくり。それはもう来た価値があるというもの。

例えば。
DSCN4027.JPG

DSCN4030.JPG

DSCN4037.JPG

DSCN4056.JPG

DSCN4057.JPG

DSCN4062.JPG

DSCN4068.JPG

DSCN4092.JPG

DSCN4093.JPG

DSCN4094.JPG

DSCN4107.JPG

DSCN4109.JPG

DSCN4108.JPG

DSCN4138.JPG

DSCN4148.JPG

DSCN4178.JPG

DSCN4182.JPG

DSCN4201.JPG

DSCN4202.JPG

DSCN4225.JPG

DSCN4226.JPG

DSCN4228.JPG

DSCN4239.JPG

DSCN4241.JPG

DSCN4242.JPG

DSCN4243.JPG

静岡県の作品・シンデレラ
DSCN4245.JPG

DSCN4246.JPG

一通り作品を見たのでお昼ご飯にする。
二人共海鮮弁当を並んで買う
どこも食物のブースの前には行列がいっぱい。
うに弁当と牡蠣入り弁当を買って半分こずついただく。どれも美味しかった。
どこも座るところがなくて苦労する。
DSCN4249.JPG

チーズ入りくるくるウインナーも買って半分こして食べる。これも美味しかった。

そしてまたメイン会場の全国お菓子出会い館とお菓子の匠工芸館へ
DSCN4251.JPG


三重県のお菓子職人が広重の浮世絵を基に作ったお伊勢参りの風景
TVでも紹介されていたが花びらも一枚一枚何万枚もあるらしい。
DSCN4254.JPG

DSCN4256.JPG

DSCN4261.JPG

DSCN4260.JPG

DSCN4264.JPG

次は全国お菓子出会い館
静岡県コーナー
DSCN4272.JPG

DSCN4271.JPG

くまモンコーナー
DSCN4276.JPG

3階に上がったら観客席が休憩室になっていた
DSCN4280.JPG

外の風景
DSCN4283.JPG

最後に仕方なく?全国お菓子夢の市に並ぶ
最後尾90分待ちだとか。
DSCN4287.JPG


入口にやっと来た
振り返ってみたところ
DSCN4291.JPG

そして全国のお土産を10点ほどゲット。まあなかなか遠くへは行けないからと私好みの珍しいものばかり勢いで買ってしまった。

デジでも行列。30分待ちとあった。22のデジでてんてこ舞いだがなかなか手際が良くて、会計が終わったらデジの係りの人が番号札を掲げてそれを見た誘導の人が番号札のところへ行くように指示している。
これならどこが空いたかひと目でわかるから大したものだと感心した。
Kさんが先に並んでくれてて買い終わったところでKさんのところに行ったので半分近くは待たずに済んだようだ。

人が大勢過ぎてどこも並ばなければならないので自分が少しづつでも食べたいものを食べられなかったのは残念。お菓子ということで会期が短いから仕方ないか。せめて2,3ヶ月あればゆったりできるのにと思った。
浜松からだと伊勢湾を大回りして回ってくるかフェリーでしか来ることはできないので折角だからもっとゆとりがほしかったかな

そしてバス待ち所でキャンバスに乗って鳥羽港へ
バスも押し合いへし合い立ったまま。

フェリーに乗る前にレストランでお食事。といっても伊勢に来たなら二人共「伊勢うどん」。そして松阪牛コロッケを1つを半分ずつ。そして伊良湖名物大焼あさりを注文。2個を2人でいただく。会計はKさんのおごり。どれも美味しかった。ごちそうさま。

そして無事に帰宅。人に酔ってくたびれて大変だったが素晴らしい一日だった。
posted by 雲渓 at 21:46| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

信州戸倉山登山と高遠の桜

昨日は(4/20木)信州戸倉山登山と高遠の桜を見に行ってきた。

信州の家は冬を無事に過ごせたか気になるから大変だが行かなくてはならない。今年は特に雪が多かったようで古屋を買って40年近く経っているし、Y町の家屋敷や田畑を買ったことで住まなくなって廃屋一歩手前のような家だから心配だ。娘達が3年半モンゴルに行ったり、今はスイスに行ったので、今まで日本で生活していた荷物を預かってそこに置いているのでそれで特に気になる。

早く寝たので1時には目が覚め2時半に家を出た。浜北まで行って新東名で行くつもりだったがうっかり浜松ICに入って東名に乗ってしまった。でも空いているのでそれの方が楽だったかも。昨夜まで暴風のような風だったが幸いに収まって静かになってくれている。

駒ケ岳SAで眠くなったので仮眠と朝食と思ったがご飯を食べて寝ろうとしてもさすが信州は寒くてとうとう寝れなかった。まあ3時間寝てるから大丈夫と綺麗な中央アルプスの写真を撮って駒ヶ根ICで下りて我が家へ向かう。

DSC05095.JPG

分杭峠方面にむかう平野に出て全面が見えるところからも撮る

DSC05102.JPG

戸倉山登山口とキャンプ場へ標識を左に曲がり登山口まで走る。実は何度も戸倉山は登っているが駒ヶ根市側から登るのは初めて。何度か来たかったが来るときはだいたい暗い内で未知のことは多少不安もあるからいつも長谷側からしか登っていない。

支度をして6時50分から登山開始。駐車場は早いから私の車だけ。
いきなり結構急登の連続でおどろくが最近は毎週のように湖西連峰へ行っているから調子は良い。

落ち葉が敷き詰められた登山道が続く

DSC05104.JPG

しばらくしたらまた不覚にもキジ打ちをしてしまった。
なんだかねえ。

木々の間から中央アルプスも見える
DSC05108.JPG

まだ固い蕾だけどミツバツツジの群生があるらしい
DSCN3957.JPG

しばらくしたら植生も変わってきたしかなり登ったから山頂に近いかななどと思っていたらいきなり五合目の標識
えっ!まだそんなところ!
DSCN3956.JPG

歩くと滝への標識
行ってみたいけど50分ぐらいかかるようだ
DSCN3954.JPG

暫く歩くと猿の伝記の標識,はて?
DSCN3938.JPG

また歩くと天狗伝説
天狗が岩になった?
はて?どんな伝奇があるのかしら
DSCN3941.JPG

岩のそばまで行ってみる
DSCN3940.JPG

しばらくすると立派な東屋がある
DSCN3942.JPG

近くには水場も
でも枯れて水は出ていなかった
DSCN3943.JPG

やがて8合目の標識
DSCN3944.JPG

そして9合目
いよいよ山頂も近い
DSCN3945.JPG

そして到着。1時間半ほどかかった。長谷側からと変わらないかな。
DSCN3950.JPG

見慣れた風景と絶景
DSCN3949.JPG

DSCN3948.JPG

DSCN3947.JPG

スッキリ晴れて中央アルプスももちろんだが乗鞍岳、北アルプスもはっきり見える

真正面に中央アルプス
下から見るのとはやっぱり違う何度見ても見飽きない

DSC05112.JPG

乗鞍岳
DSC05113.JPG

DSC05114.JPG

北アルプス
DSC05118.JPG

槍、穂高もよく見える
DSC05116.JPG

DSC05117.JPG

南アルプスもすぐそばに見える
DSC05128.JPG

DSC05125.JPG

DSC05124.JPG

DSC05126.JPG

いつもの東峰へ行ってみる
途中にある避難小屋
DSCN3953.JPG

真直に見るが木がだいぶ邪魔になっている
やっぱりこちら側は登る途中の絶景ポイントだな
DSC05133.JPG

DSC05136.JPG

DSC05135.JPG

また西峰に戻って休憩していると60歳代のの夫婦が登ってきた
お互い挨拶を交わし綺麗な展望を喜び合う。そして彼らは東峰へ
私は下山開始
10人ほどに会いながら40分で登山口へ到着、。
我が家へ向かう
畑の水仙。
DSCN3962.JPG

DSCN3964.JPG

福寿草が随分と増えた。あちらこちらにある
ほとんど花は終わったが少し残っているのを撮る
DSCN3967.JPG

DSCN3966.JPG

なんとか無事だったようだ。掃除もするほど汚れていないのでしばらくして高遠の桜見物へ
駐車場に車を置いて勝間のしだれ桜方面を見たらまだ早かったようで行かなかった
遠くから見た勝間方面。しだれ桜はまだ色がきれいでない
DSC05147.JPG
高遠の桜は小彼岸桜といってピンクがとても綺麗。
今年はいつもよりピンクが綺麗のような気がした。
花のショット
DSC05159.jpg

DSC05157.jpg

DSC05145.jpg

DSC05152.jpg

DSC05142.jpg

DSC05141.jpg

DSC05143.jpg

DSC05149.jpg

DSC05153.jpg

DSC05167.jpg

DSC05165.jpg

DSC05161.jpg

DSC05169.jpg

DSC05163.jpg

DSC05171.jpg

DSC05172.jpg

DSC05178.jpg

DSC05188.jpg

DSC05185.jpg

DSC05189.jpg

DSC05181.jpg

信州名物、五平餅と野沢菜入りのお焼きを簡単な昼食に食べて帰路に着く
浜松西ICで下りトビオまで来てお風呂に入り我が家に無事に到着。ビールとワインを飲み簡単な食事をして早々に寝て早く起きてブログを書いたところ

我が家の花と農業日誌
と行きたいところだが今日は聖隷病院へ行く日だからとりあえずはここまで

聖隷病院から帰宅。
二年前まで毎月不整脈外来行くことがあったけど、半年に一回になり今日行ったら来年の4月に行けば良くなった。不思議なこともあるものだ。そういえば体調もまずまずだし昨日の登山も無事に登りきれたし嬉しいかぎり。

ということで我が家の花と農業日誌
4/10 午前 出荷用のさつま芋紅高系の苗をハウスから採取 450本
午后 しばけい畑に植える

4/12 息子たちは稲の種(モミ)を師匠の仲間と一緒に蒔く
私は芋の苗を採取して植える 350本

4/14 東の畑に夏野菜を植えるために施肥(苦土石灰、けいふん堆肥など)をして耕す
昨年庭全体をだいぶ刈って剪定したりしたので少なくなったユキヤナギの大きめの花
DSCN3906.JPG

小さな木に小さな八重桜が咲いている。3本ほどあるが何という桜だろう
DSCN3909.JPG

ノムラモミジが綺麗に芽が出てきた
DSCN3912.JPG

DSCN3913.JPG

DSCN3926.JPG池の周りの庭

4/17 とうもろこし、インゲン、モロッコインゲンをポットに種まき
4/11にもポットにキャベツ、赤紫蘇、オクラ、栗かぼちゃ、モロヘイヤの種をまく。なかなか芽が出てくれない
DSCN3931.JPG

鯉が1尾死んでいた。池の水が緑色になってきていたので水を入れ替える
だいぶ大きくなってきていたのに残念
DSCN3924.JPG

DSCN3925.JPG

4/18 パクチー、人参、ごぼう、小蕪、大根を14日に耕したところへ種まき
DSCN3935.JPG

西の畑の玉ねぎを収穫したあとに雑草がいっぱい生えてきた
DSCN3930.JPG

長ネギの苗場
DSCN3934.JPG
小さな芽が出てきてる
今日猫が入って足跡がいっぱいで踏みつぶされそうと息子が言っていた。

ジャガイモの葉がだいぶ大きくなってきている。芽かきをそろそろしなければ。
DSCN3933.JPG

キウイフルーツの棚の下にはフキがいっぱい生えている
5回ほど収穫して人にもあげたりしても次から次と生える
DSCN3932.JPG

4/19 花の種をプランターに種まき。生姜の植え付け
息子たちはトラクターで耕したり芋を植え終わったり結構私以上に頑張っている。

キウイの隣にレモン、ゆず、すだちを植えているがその下にワラビも植えているけど植えた時はほとんど枯れてしまったようだったけど2,3本残ったのが結構繁殖力が旺盛で増えてきた。
DSCN3937.JPG

DSCN3936.JPG

お店横の駐車場のヤマブキ
DSCN3969.JPG

DSCN3968.JPG

店の看板の近くのツツジ
DSCN3971.JPG

DSCN3972.JPG

掛川の龍尾神社にしだれ梅を見に行った時に買ったアネモネが結構いつまでも咲いてくれる
DSCN3970.JPG

以上花と農業日誌です

posted by 雲渓 at 07:25| Comment(0) | 登山兼観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

静岡県立美術館とその周辺のお花見はしご

今日も(4/13木)お花見。
TVなどでこれでもかこれでもかと各地の桜便りが報じられているからいささか食傷気味かとも思うが、年に一度の華やかさ、けなげに咲いてくれる桜はやはり何度見ても日本人の心を揺さぶる。

というわけで、Kさんと静岡県立美術館が4/06から「黄金のファラオと大ピラミッド展」が始まったので行ってきた。ついでにその周辺の桜の名所を検索して開花状況を調べて行ってきた。

美術館の近くに清水船越堤公園というのがあって1000本のソメイヨシノが満開らしい。
駐車場は満車状態で並んでいるがスムーズに入れた。駐車場の周りも満開に咲き誇っている。
DSC05044.JPG

園児たちもたくさん来ている。
DSCN3876.JPG

石段を上っていくと眼下に清水の街並みと富士山が少しだけ顔を出している。
なかなか良い風景。
DSC05039.JPG

DSC05041.JPG

DSC05047.JPG

そして静岡県立美術館へ
企画展の「黄金のファラオと大ピラミッド展」はきっと人気で入場者も多いのではと思ったら案の定近くの駐車場は満車で遠い第一駐車場に車を置いて入場。
さすが大勢の鑑賞者でいっぱいだった。何度も訪れているがこんなことは初めて。

DSCN3879.JPG

DSCN3878.JPG

ファラオの像や装飾品、綺麗に装飾された柩や黄金のマスクなど4000年もの昔にこれだけのものを作ったエジプトという国に感動を覚えた。ぜひエジプトまで行ってこの目で見てみたいものだと思った。
第二次世界大戦以前はアフリカやアラブの国はヨーロッパの国の人に植民地化されて近代文明に乗り遅れてしまったが彼らの時代を今の人間は取り戻せないだろう。近代文明よりはるかに素晴らしいエジプト文明と思う。クレオパトラで途絶えてしまった古代エジプト。なんと素晴らしい国だったのだろう。
しかしこれらの遺跡から見て当時の農民や労働者は奴隷のように扱われてこのような文明の礎になったと思うと感慨深いものがある。

次は清水区役所でお食事。
地下にあるここの食堂は安くてお値打ち。麺類、定食、海鮮もの、お寿司いろいろある。
しかも500円から高くても700円ほど。
食堂のおばさんが一生懸命お寿司があと2人前しかないからってすすめるから二人共お寿司をいただく。
DSCN3881.JPG
寿司屋とも知らないでおすすめしてくれたけど美味しかった。

次は先日梅を見に行った岩本山公園へ。ソメイヨシノが500本とあってここも満開らしい。
なるほど人出も多い。
駐車場の周りも桜が満開。
DSCN3883.JPG

芝桜と桜が綺麗だった。
DSC05052.JPG

DSC05056.JPG

富士山は完全に隠れてしまった。
次は大石寺へ
ここはソメイヨシノが7000本で今が見頃とあった。
7000本? ちょっと信じられないけど行ってみた。
日蓮正宗の総本山らしいが詳しいことは知らない。
日蓮宗の身延山久遠寺(みのぶさん・くおんじ)も桜の名所でしだれ桜が有名で、家内と行った時はすごい車の渋滞で大変な目にあった。でも桜は見事だった。
七面山も日蓮宗のお寺があったのではなかっただろうか。七面山も200名山で登ったことがある。

小高い丘の広い境内で特に草むらのところにすごいたくさんの桜が満開に咲き誇って今まで行った花見はなんじゃい?と言うほど。すごいの一言。車も自由に駐車していた。
DSC05060.JPG

DSC05061.JPG

DSC05064.JPG

DSC05063.JPG

DSC05074 (2).JPG

十分すぎるほど桜を堪能して次は広見公園へ。
300本のサクラ 富士市立博物館や歴史民俗資料館とある。
R139号の起点まで下った左にある。
石段を上って広い公園に桜が点在している。
DSC05075.JPG

DSC05076.JPG

DSC05079.JPG

DSC05084.JPG

DSC05083.JPG

DSC05087.JPG

竪穴住居の中
DSCN3890.JPG

DSCN3887.JPG

DSC05088.JPG

DSC05086.JPG

横澤古墳
DSCN3891.JPG

DSCN3893.JPG

DSCN3892.JPG

DSCN3894.JPG

DSCN3895.JPG

DSCN3896.JPG

DSCN3897.JPG

DSCN3898.JPG

DSCN3899.JPG水琴窟

DSCN3900.JPGアセビの花

DSCN3901.JPG広見公園

今日は4箇所お花見のはしごをした。
それぞれ特長があってどこも良かったがやっぱり大石寺の桜は凄かった。天下一品だ。富士山が見えたらもっと良かった。
毎年行っている高遠の桜も寒緋桜で綺麗なピンクは素晴らしい。3000本が密集しているから空が見えないほど。また樹齢が古いからそれは見事だ。天下三大桜と言われている。ここ大石寺もいいとこ行っているかも。でもそれほど有名ではないようだ。知らなかったのは私だけかも。

本当は私の希望では新蒲原駅から見える御殿山の夜桜も見たかったがライトアップまで時間があるし億劫になったのでやめた。

帰りに夕飯を食べて帰宅。その頃は富士山もきれいに顔を出していた。

DSC05090.JPG

DSC05092.JPG


農業日誌
息子たちは稲の苗を作るモミを蒔いている。例年師匠のグループの仲間で共同作業でするんだが、今年は師匠が入院するというアクシデントに見舞われて大変らしい。みんなで頑張っているようだ。

4/4 新玉ねぎの収穫終了

4/10 芋の苗採取 450本
    しばけい畑に植える

4/12 芋の苗採取 350本
    しばけい畑に植える 今のところ計4畝分
3/22
ギャラリー紫苑のオーナーで画家の中村田鶴さんに絵をいただく
 家内と2010年2月にネパールへ行ってヒマラヤ登山をした時の写真を基にギャラリー紫苑のオーナーで画家の中村田鶴さんが油絵を描いてくれた。F30号の結構大きな絵を無償でくれた

4/12 書繪堂さんに額を頼んでいたのが出来て店に飾る

DSCN3869.JPG

DSCN3868.JPG

DSCN3870.JPG
posted by 雲渓 at 22:48| Comment(0) | 美術館巡りと観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする