2017年12月07日

病み上がりにつき浜名湖ガーデンパーク散策と浜松・平野美術館へ

しばらく風邪をひいて休養してたから畑にも行かず本業以外は家から出ることもなかった。

11月21日にモンゴルの友達が(娘と共通の友達)韓国の男性と結婚して日本へ新婚旅行にやってきた。

彼女は日本語を学びたいと私がビザを取る時の保証人になって上げることで申請していたが、モンゴル人は日本に来ても行方をくらまして何人か行方不明になったりしてなかなかビザが降りないらしい。でも彼女は真面目でそんなことはないので私と娘が力になってあげていたんだけどね。一度ビザが降りて東京で会って以来の再会。

二度目はなかなか降りず、たまたま韓国に踊りの指導(彼女はモンゴル舞踊の先生)に行ってて韓国の男性に見初められて結婚をした次第。ハッピーハッピー。そしてお世話になったからと日本に新婚旅行に来て京都へ行く前に我が家に寄ってくれた。「日本のお父さん」といつも言ってくれている。

息子たちが料理を作ってあげて私がお寿司を作ってもてなした。大変喜んでくれた。娘と私は少ないながら結婚のお祝いもあげて喜んでくれた。律儀な彼女は韓国へ帰ってお祝い返しにお菓子などたくさん送ってくれた。
娘が気に入ってお付き合いしていただけあってなかなかしっかりしている。
モンゴルか韓国でもお祝い返しという風習があるのだろうか。

私はそれまでも風邪気味だったけどそのうち治るだろうと軽く考えていたら本格的に引いてしまった。平日の暇なときは布団に入って安静にしていた。2度も医者に行ったがすぐには治らないものだ。こんな大変な目をしたのは久しぶり。


昨日(12/06)から多少完全ではないが起き出して久しぶりに畑に行ってみた。
一番最初に植えた東の畑はだいぶ大きくなって1月からの収穫を待つのみとなっている
DSCN8961.JPG

DSCN8962.JPG

国一南のしばけい畑は一番遅くに植えた。アーリーレッドという赤玉ねぎはまだ本当に細いままだ。
DSCN8965.JPG

DSCN8964.JPG

DSCN8963.JPG

そして今日(12/07)雲一つない晴天なのでガーデンパークに行ってみた。
花はないだろうと期待していなかったがバラなど何種類かの花に会うことができた。

センダンの実が青空に綺麗だった。
DSCN8967.JPG

DSCN8968.JPG

DSCN8973.JPG

DSCN8974.JPG

まず快晴なのでガーデンパークが開業した浜名湖花博のとき以来の展望塔へ登ってみた。
富士山も小さいながらに見える。
IMG_20171207_105522.jpg

IMG_20171207_105436.jpg

皇帝ダリアは見たことがあるが皇帝ひまわりは初めて見る
DSCN8971.JPG

DSCN8972.JPG

DSCN8976.JPG

DSCN8975.JPG
可愛いシクラメンがいっぱい

旧モネに庭にはまあまあいろいろ咲いていた。
秋景色と花をご覧下さい
DSCN8986.JPG

DSCN8982.JPG

DSCN8983.JPG

DSCN8980.JPG

DSCN8981.JPG

DSCN8979.JPG

DSCN8978.JPG

DSCN8996.JPG

DSCN8999.JPG

DSCN8995.JPG

DSCN9003.JPG

DSCN8994.JPG

DSCN8997.JPG

DSCN8993.JPG

DSCN9001.JPG

いかにも小春日和の風景
DSCN9006.JPG

DSCN9016.JPG

DSCN9018.JPG

DSCN9010.JPG

DSCN9007.JPG

DSCN9009.JPG

DSCN9012.JPG

DSCN9011.JPG

結構久しぶりに歩いて寒さも何処へやら。

昼ごはんを食べて平野美術館へ
梅原幸雄の東京芸大美術学部教授を退官記念展を観てきた。
大作の屏風絵など素晴らしい作品ばかりで感動した。写真には撮れないので忘れてしまってはいけないので図録を購入。時々開いてはその時の感動を味合うつもり。

posted by 雲渓 at 16:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

美術観賞と紅葉見物


昨日(11/08)は娘とお姑さんと開店して初めてコストコへ行ったりギャラリー紫苑のオーナーで画家の中村田鶴さんの個展に行って来た。毎年開催してお馴染みだが娘たちは初めて。

まずは昼ご飯。TVで紹介されたらしくて今年の8月に浜松聖隷病院の目の前に開店したばかりのベトナム料理の店。。娘は20年ほど前に世界旅行をバックパッカーでした時にベトナムにも寄って、旧フランス領だから料理が美味しかったと言っていた。オーナーとそういう思い出話やそのお店が出来たいきさつなど話に花が咲いて楽しかった。お店も繁盛していて料理もなかなか美味しかった。



今回は田鶴さんが私と家内がヒマラヤに行って撮った写真を元に油絵を書いてくれて我が家に無償でくれたのだが、それを個展に貸出して皆さんに観てもらっている。その絵を写真に撮るのを忘れてしまった。以前のブログで載せてはいるが。

IMG_20171108_131503.jpg

IMG_20171108_131522.jpg

IMG_20171108_131642.jpg

そしてコストコへ。
アメリカから日本に上陸してあちらこちらで開店している。娘は埼玉の三郷店でよく行ってたらしい。
コストコは賑やかで活気があった。アメリカらしく一単位が大きくて家族が多くなければ食べきれなかったり使い切れないものばかり。友達と一緒に買ってシェアするとか家族みんなで食べきるとかしなければ一単位が大きすぎる。商品も膨大で買うのに迷いそう。広い店内をひと通り見て回ったが大変なことだ。でも今までの日本のスーパーなどでは見ることができない。めずらしくてとっても楽しかった。3人で1万円ほど買い物をした。


今日(11/09)はmさんとsさんに誘われて紅葉見物に行って来た.

私はそれより秋野不矩美術館の後期展に行きたいけど方向が一緒だからそれも良いかなと浜松最北の町、水窪に聳える天龍スーパー林道に行った。私は何度も家内と行ってるが二人は初めてであまりの素晴らしい紅葉に興奮していた。連れて行ったかいがあった。

Sさんは西ヶ崎町の人らしくMさんを迎えに行ったあとそこまで行った。
Mさんと私は同じ年だがSさんはだいぶ年長らしい。車に乗れないらしく紅葉見物など滅多に行ってないらしくスーパー林道は初めてと言っていた。

まず秋野不矩美術館へ
前期展は10月に行ってたが後期展は我が竹内雅明さんの作品も飾られているので楽しみに行った。
数々の有名な作家さん、浜松出身の作家さんなど見所はいっぱい。栗原幸彦さんや野島青磁さんの作品、もちろん秋野不矩さんの作品はメインでたくさん。

竹内さんの作品は青山と言ってそれほど大きくはないが佐久間文化会館の特大の緞帳の本画。
心洗われるような作品。緞帳は竹内さんの案内で観たことはあるが本画は初めてだったかも知れない。

1時間ほどで退館。
水窪の山住神社を目指してR152号をひたすら北上。
30kmほど行って山住神社への林道を登る。
下の方は綺麗ではないが登るにつれ次第に紅葉がます。
車を止めてはみんなで眺める。
喜んでくれるのが嬉しい。

DSC06986.JPG

DSC06985.JPG

IMG_20171109_124844.jpg


IMG_20171109_114659.jpg

IMG_20171109_122618.jpg

DSC06987 (1)tori1.JPG


山住神社から少し行ったところで弁当を広げてランチ。私が作った助六寿司をそれぞれとMさんが煮物などのお菜。とデザート。
雲一つない真っ青な天気に恵まれて景色の良いところでランチは素晴らしかった。

そして下山してそれぞれのお宅まで届けて解散。
posted by 雲渓 at 16:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

金沢翔子さんの展覧会へ

IMG_20171106_100122.jpgIMG_20171106_101331-90df5.jpgIMG_20171106_100143.jpgIMG_20171106_111230.jpgIMG_20171106_100217.jpgIMG_20171106_101331.jpgIMG_20171106_103110.jpgIMG_20171106_103152.jpg
今日11月6日金沢翔子さんの展覧会が浜松の龍雲寺で開催されて今日が最終日だから行って来た。
9時半からで30分ほど待って入館した。
大きな由緒あるお寺で大勢の入館者でごった返すほど。
IMG_20171106_111254.jpg

翔子さんのビデオを見て作品を鑑賞。
特大の般若心経を龍雲寺さんに奉納したいと提案があった時に最初はそんな特大の書を飾る場所がないからお断りしたそうで、相談した結果副住職がこれに見合うお堂を作るということにしたそう。
世界一大きい般若心経 横16m×縦4mを飾れるところは普通のお寺さんではむつかしい。

鉄筋コンクリートの方が安くできるが木造にしたそうで建築会社が鉄筋コンクリートの料金で木造を作るからとの提案に綺麗な木造作りになったらしい。出来たての大きなお堂に素晴らしい般若心経が飾られ圧倒する。

10歳に書かれた般若心経、20歳の般若心経、今回30歳の般若心経なのだが書の進化が見れて面白かったが、10歳にしての般若心経だって大人でも書けれないような書で驚く。
IMG_20171106_100319-5d50f.jpg


IMG_20171106_095850.jpg
IMG_20171106_100541.jpg

IMG_20171106_100345-2ba45.jpg
翔子さんが11時に見えるから待ってる間庭などを観る。

IMG_20171106_095825.jpg池の周りに座って景色を眺める


IMG_20171106_095753.jpg
IMG_20171106_095738.jpg


翔子さんが来て会えたから帰宅

IMG_20171106_110716-cbb3c.jpg

IMG_20171106_111004.jpg

本を買った人にサイン会。
100人以上が並んでいたので、私は仕事の時間になって仕方なく慌てて帰る。

http://www.ryouun.com/syoko.html
IMG_20171106_102904.jpgIMG_20171106_100025.jpgIMG_20171106_102923.jpgIMG_20171106_103051-bdcb8.jpgIMG_20171106_103051-c5139.jpg
posted by 雲渓 at 13:42| Comment(0) | 美術鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする